NEW

O脚とX脚の改善策

【この記事のキーワード】

, ,


皆さん、こんにちは!

 


O脚、X脚など足の形で悩んでる方が意外と多いのではないでしょうか。

O脚やX脚になると、痛みが出ると言う場合もありますが、放置してしまうと膝に大きな負担がかかり、年齢を重ねるとともに変形してくる可能性も高くなります。


そこで本日の記事では、O脚とX脚の改善策について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてみてください。

 

 

O脚になってしまう理由


O脚の人は、膝が外側に出てしまいます。

膝が外側に出てしまう原因は、脚の外側の筋肉が使われているからです。そもそも太ももの前側には大腿四頭筋と総称されている4つの筋肉があります。この4つの筋肉の一番外側にある外側広筋という筋肉が膝を外側に引っ張ることでO脚になりやすいと言われています。


さらに、お尻の上部にある中臀筋という筋肉もO脚の原因になります。中臀筋が常に緊張している過緊張の状態だと筋肉が凝っている状態になるため、膝を外側に引っ張ってしまいます。

 

 

O脚の改善方法

O脚の人にとって大事なことは、外側広筋や中臀筋をマッサージ・ストレッチをしたり、フォームローラーで筋肉の凝りをほぐしてあげることです。もう一つは大腿四頭筋であり、一番内側を斜めに走っている、内側広筋を乗えるという方法です。内側広筋を扱えることで、内側広筋が膝を内側に引っ張ってくれることが期待できます。


内側広筋のエクササイズとしてオススメなのはレッグエクステンションです。

レッグエクステンションを行い、しっかりと膝を延ばすことで、内側広筋の斜走繊維を愛えることでき、膝を内側に寄せるような力が働き、O脚の改善に役立ちます。

 

 

X脚になってしまう理由

一方で、X脚の人は大腿四頭筋の内側広筋が外側広筋より強く働くことで、膝が内側に引っ張られることが原因でX脚になりやすくなります。


その他にも座り方が悪いと骨盤の歪みを起こし、反り腰を誘発するためにX脚になることもあります。また股関節や脚にはたくさんの筋肉ありますが、その中でも内転筋の柔軟性が低下することで、X脚になってしまいます。

 

 

X脚の改善方法

X脚は、内股の柔軟性低下によって引き起こされている可能性があるため、フォームローラーを使ったり、ストレッチ等で筋肉を緩めることがポイントです。


アブダクションと呼ばれるエクササイズは、脚を外側に開くことで中臀筋を鍛えることができます。身体の外側に位置する中臀筋や外側広筋をしっかり扱えることが重要です。

ほかにも外側広筋を鍛えるエクササイズとしては、脚の小指側重心でのブルガリアンスクワットが効果的です。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

 

 

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

O脚とX脚の改善策のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ