NEW

寝る前にやってはいけない行為

【この記事のキーワード】

, ,

 

皆さん、こんにちは!


皆さんは、寝る前にどのような習慣がありますか?


実は、寝る前の習慣がダイエットに大きな影響を与えています。

良い生活習慣が、良い睡眠を作り、ダイエットを成功させることにつながります。


そこで本日の記事では、寝る前に注意すべき行為についてご紹介します。

是非、参考にしてみてください。

 

「睡眠時間は長いのに、疲れがとれない」

「日中、すぐに眠くなる」

「ダイエットをやっているのに全然痩せない」 


このような悩みを抱えている方は、是非実践してください。

 

 

1、パソコンやスマホを眺める

パソコンやスマホを眺めるとなぜいけないのか?それは、「ブルーライト」です。

ブルーライトは、光の中で最も強いエネルギーを持っていると言われています。ですので、目に対する影響も大きくなるため避けたいのです。

強い光が目に入ると、脳は「まだ日中である」と錯覚を起こします。すると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌は止まってしまいます。

そうなると、眠気が来なくなり、夜更かししやすくなるのです。

 

2、ハードな運動を避ける

寝る前に激しい運動をしてしまうと、せっかく身体が眠る準備をしているのに深部体温が上がり目が覚めてしまいます。アドレナリンを増加させるため、この状態で寝ようと思ってもなかなか寝付けず、睡眠不足になる原因になります。軽めのストレッチなどは行って良いですが、ハードな運動は寝る3~4時間前には終わらせることをおすすめします。

 


3、たくさん食べる

寝る前の食事は、睡眠の質を低下させてしまいます。消化器官である胃は、寝ている間も常に消化活動を続けています。このとき、胃に残る量が少量であれば特に問題ありません。しかし、満腹の状態では胃がフル回転で働くため、多くの血液を胃に集めなければなりません。血液を胃に集中させるためには、自律神経のうち、脳を覚醒させる作用のある「交感神経」を働かせる必要があります。そのため満腹で寝ることで交感神経が優位になり、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなってしまうのです。

また、寝ている時はエネルギー消費が少ないため、太りやすくなる原因にもなります。

 

 

4、大量の飲酒

寝る前にお酒を飲みすぎると睡眠の質の低下につながります。お酒を飲むとアルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドと言われる物質が睡眠の質を下げると言われています。アセトアルデヒドは、覚醒作用をもたらすため途中で目が覚めたりしやすくなります。また、利尿作用もあるため睡眠が阻害される原因になります。

 

 

5、カフェインを摂取する

お茶や紅茶、コーヒーなどを飲むタイミングには十分気をつけて下さい。カフェインが体内で分解されるには約3〜4時間かかると言われています。

そのため、寝る3~4時間以内に飲むと覚醒作用で入眠を妨げたり、睡眠時間が短くなってしまったり、睡眠の質が下がるなどの影響があるので注意が必要です。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

寝る前にやってはいけない行為のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ