NEW

食べて痩せるダイエット

【この記事のキーワード】

, ,

皆さん、こんにちは!


いきなりですが、ダイエット中の皆さん。

今どのような食事内容でダイエットをしていますか?


ダイエットを始めると、極端に食事を減らしたり、炭水化物を抜くなどをしやすいですが、それは失敗しやすい方法にもなります。


健康的で、確実にダイエットを成功させるために本日の記事では、食べて痩せるダイエットについてご紹介していきます。

是非、参考にしてみてください。

 

ダイエットと体温の関係性

寒くなると筋肉が震えて熱を出すのですが、それとは別で褐色脂肪細胞は震えないで体温を出す経路となります。食べたものがATPエネルギーに変わり、エネルギーに変わらなかったものが熱に代わります。


ダイエットをしているとエネルギーが減るのですが、つまり熱に回せる分も少なくなってしまうのです。たくさん食べているとエネルギーも熱も増え、熱が増えると体温が上がっていくのですが、ダイエットをしていると食べる量が減ることでエネルギーも熱も減っていってしまうのです。

 


食事を減らすと痩せなくなる

ダイエットをして食事の量をどんどん減らしていくと、熱ではなくエネルギーのほうに使われてしまい、その分体温が下がってしまいます。つまり代謝が落ちてしまうので体脂肪を燃やす能力が低下することにつながります。特に長期的なダイエットは、代謝が落ちる上に体温が下がって脂肪を燃やす能力が低下するのでので食事の量には十分注意が必要です。

 


代謝を上げて痩せやすい体を

褐色脂肪細胞は体温を担っているので、寒くなると活発になります。なので寒い冬に活発になるので代謝が上がって痩せやすくなるのです。実は、暑い夏でも冷たいシャワーを浴びることで褐色細胞の活動は活発になると言われております。このような方法で下がった代謝を上げる事もできます。


他にも、サプリメントであるBCAAを摂取したり、唐辛子に含まれるカプサイシンや緑茶に含まれるエキスなどを摂取することで褐色脂肪細胞を高めて体温を分けてくれることにもつながります。


ですので、ダイエットを始めてむやみにカロリーや食事の量を減らすのではなく、体の機能を正常に働かせると言う面に注目してダイエットを行うのも1つの方法です。

 

 

インスリンヒエラルキーで痩せやすい体に

インスリンは血液中の糖分、血糖を下げる唯一のホルモンです。血糖を下げるとは、下げるときに血糖はどこにいくのかというと、筋肉、脂肪、肝臓などにいくことになります。

ということは、インスリンは血液中の栄養を体の色々な組織に運ぶ役割となっているのです。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

食べて痩せるダイエットのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ