NEW

大豆製品が健康に良い理由

【この記事のキーワード】

, ,

 


皆さん、こんにちは!

いきなりですが、皆さんは大豆製品と聞いたらどんなイメージがありますか?

「健康に良い」

「ダイエットに向いている」

など、いくつか思い浮かぶことはあると思います。


しかし、なぜ大豆製品が健康やダイエットに良いと言われるのでしょうか?


そこで本日の記事では、大豆製品について詳しく解説していきたいと思います。

是非、参考にしてみてください。

 

 


大豆製品とは

大豆製品とは、大豆を加工して作られたみそ、豆腐、納豆、油揚げなど「毎日の食卓に欠かせない」と言っても過言ではない食品のことをいいます。

主な大豆製品

・納豆

・豆腐

・枝豆

・もやし

・きなこ

・味噌

・醤油

・豆乳

・ゆば

・おから

・油揚げ

・厚揚げ

 

 

健康に良い理由


・とにかく、栄養価が高い


たんぱく質以外には、鉄、カルシウム、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、マグネシウムなどのミネラルが含まれているほか、イソフラボンも豊富です。イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをすることで知られていて、骨粗しょう症やガンを予防すると言われています。


また、コレステロール値を下げるだけではなく、がんのリスクも減少させるとも言われています。

 

ダイエットに向いている理由


①タンパク質が豊富

大豆の約30%はたんぱく質でできています。このたんぱく質も人間に必要なアミノ酸がバランスよく含まれているため、良質なたんぱく質と言えます。大豆に含まれるたんぱく質には、血中コレステロールの低下を促す作用があるとされています。


②便秘の改善

大豆に含まれるオリゴ糖という成分は、腸内細菌のエサになるため腸内環境を整える効果が期待できます。オリゴ糖により、腸の動きが活発になるため、便秘改善効果に期待ができるといえます。


③腹持ちがいい

大豆は消化のスピードが遅めであり、満腹感が続きやすいと言われています。食べたものの消化が緩やかに行われることで満腹感が続くため、腹持ちも良くなると言われています。

 

 

一押しの大豆製品


①納豆

納豆には人間の体に必要不可欠なたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった5大栄養素がすべて含まれ、第6の栄養素といわれる食物繊維も豊富に含まれています。


納豆特有のネバネバのナットウキナーゼという酵素には、血管につくられる血栓を溶かしやすくする働きがあり、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を予防する効果もあります。

②味噌

味噌に含まれるリノール酸、ペプチド、食物繊維、サポニン、レシチンなどの有効成分により、悪玉コレステロールを抑制する効果が期待できます。また、腸内を整えてくれる働きがあるため、ダイエットだけではなく、体の調子を整える働きもあります。味噌は発酵することでアミノ酸やビタミン類が増加し、大豆には本来含まれない酵母や乳酸菌なども摂取できます。


お味噌汁として飲むことで、ダイエット中は満腹感を得ることができ空腹を妨げてくれます。

③もやし

もやしと聞くとあまりピンとこないと思いますが、とても優秀な食材になります。もやしのカロリーは、100gあたりわずか15~30kcal程度しかありません。低カロリーなのにボリュームたっぷりなので、主食をもやしに置き換えたり、いつもの料理をもやしでかさ増ししたりすることで、摂取カロリーをコントロールすることができます。


もやしに含まれるカリウムは体内の余分な塩分・水分を体外に排出するので、高血圧の予防やむくみの解消につながります。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

大豆製品が健康に良い理由のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ