NEW

朝の目覚めを良くする方法

【この記事のキーワード】

, ,

皆さん、こんにちは!


いきなりですが、皆さんは朝スッキリ起きれていますか?

おそらく、ほとんどの方がNOと答えるのではないでしょうか。


もうすぐ11月になり、朝が寒くなってきたこともあり、朝起きて運動したいけど眠くて起きれない、疲れて二度寝してしまうなど、運動するのが難しい季節にもなってきました。


そこで本日の記事では、1日のスタートを良くするためにも、朝の目覚めを良くする方法について解説していきます。

是非、参考にしてみてください。

 

 

睡眠の重要性

まずは前提として、きちんと十分な睡眠が取れているかを考えてみて下さい。なぜなら、どんなに良い方法があったとしても、睡眠の質が悪い状態では朝スッキリ起きることは難しいからです。


一般的に「7〜8時間睡眠がよい」と言われますが、それくらい眠っている人が多いというだけで、睡眠時間と睡眠の質は同じものではありません。時間は短くても「ぐっすり眠った」という満足感が得られれば、それがあなたにとっての快適睡眠と言えます。


また、睡眠不足はダイエットの妨げや筋トレの効果を下げる、体調不良など様々な悪影響を及ぼします。

 

 

朝スッキリ起きる方法


ここからは、具体的な方法をご紹介していきたいと思います!


①起床後すぐにカーテンを開ける

起きたらすぐにカーテンを開け、太陽を浴びて下さい。朝、太陽の光を浴びると「体内時計」がリセットされるため目覚めが良くなります。さらに、睡眠をつかさどるメラトニンの分泌がストップし、元気の源・セロトニンが分泌されるようになります。

 

②寝る直前の食事は避ける

仕事が終わるのが遅かったり、夜にお腹が空いて食べ過ぎてしまうことはありませんか。実は、入眠時には体温の低下が重要です。夜に食事をしてしまう事で、体温が上昇し眠りの妨げになってしまいます。また、食べたものを体は消化、吸収するため活動的になり、睡眠の質を下げることきも繋がります。

できれば、2〜3時間前には済ませておくことをおすすめします。


③運動習慣を取り入れる

生活習慣の中に運動を取り入れる事で、眠りやすい体を作る事ができます。その結果、夜ふかしを防ぐ事ができ、睡眠時間の確保や朝の目覚めを良くすることにつながっていきます。

しかし、1つ注意すべき点として、運動のタイミングです。就寝直前の運動は体を興奮状態にするため、就寝3時間前くらいがベストになります。


④ゆっくりお風呂に入る

先程もお伝えした通り、入眠時には体温の低下が重要になります。ゆっくりと入り体温を上げる事で、お風呂から出た後に体温が下がって入眠しやすい状態に持っていくことができます。
お風呂の入り方は半身浴がおすすめです。半身浴をすることで、副交感神経が優位になり深部の体温もあがりやすくなります。

 

 

まとめ


皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

朝の目覚めを良くする方法のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ