NEW

むくみ予防術

【この記事のキーワード】

, , ,

皆さん、こんにちは!


皆さんは、「次の日、〇〇があるからむくみたくない」と思った経験ありませんか?

例えば、結婚式や撮影など1番綺麗な状態でいたい時にむくんでしまうと最悪ですよね。


しかし、どのような対策をすればむくまないのか分からないという方も多いかと思います。


そこで本日の記事では、むくみを予防する方法について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてみてください!

 

 

むくみとは

 

簡単にいいますと、手足がむくんだり、顔や目がパンパンに腫れるようなことをむくみといいます。このような経験をされたことがある人は多いかと思います。

むくみは、皮膚の下部に水がたまった状態で、例えば足やすねなどを指で押さえると、その痕がなかなかもどらないような状態の時は、身体に正常な時の体重の5~10%以上の水分の貯留があると言われています。

 

 


簡単にできる、むくみ予防術


ここからは、むくむ原因を解決し、簡単にできる対策をご紹介していきます。

 


①同じ姿勢を長時間続けない

長時間同じ姿勢でいることで、血液循環が悪くなり、血管から水分が多く流れ出し、むくみにつながってしまうのです。

定期的に体を動かしたり、ストレッチなどを行う事で予防できます。

 


②塩分を摂りすぎない

塩分の多い食事を摂りすぎると、体は水分を溜め込み塩分濃度を下げようとします。これがむくみの原因になることが多いため、外食や高カロリーな食事などには十分に注意してください。

 


③体を冷やさない

体が冷える事で血流が低下し、むくみやすい状態になってしまいます。特に、下半身がむくみやすいため、厚手の靴下やレッグウォーマーなどを身につけて、体を冷やさないような対策を行ってみてください。

 


④体を締め付ける服装に気をつける

特に、きつめの下着やきつめの洋服などは、体を締めつけ、血行を妨げる可能性があります。これもむくみの原因につながるため、できる限り締め付けの弱い服装を選ぶ事をおすすめします。

 

 

むくみに効果的な食材

①ビタミンB1

ビタミンB1の不足が原因で脚気になると、症状の1つとしてむくみが起こりやすくなります。


・ほうれん草

・ナッツ類

・豚肉

・玄米

・カリフラワー

 


②ビタミンB2

ビタミンB2は新陳代謝を活発にし、血行を良くする効果があります。


・卵

・納豆

・海藻類

・レバー

・乾燥しいたけ

 


③ビタミンB6

ビタミンB6はホルモンバランスの乱れによるむくみの対策に効果的と言われています。


・赤身のマグロ

・鮭

・バナナ

・ささみ

・レバー

 

 

まとめ


皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

むくみ予防術のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ