NEW

ファスティングについて

【この記事のキーワード】

, , ,

 

皆さん、こんにちは!


いきなりですが、皆さんは「ファスティング」という言葉を聞いたことはありますか?

特にダイエットしている人の中には、このファスティングを試した経験がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。


しかし、実際にどのように行えば良いのか。またどのようなメリットがあるのかと分からないことが多いかと思います。

そこで、本日の記事ではファスティングについて詳しく解説していきたいと思います。

是非、参考にしてみてください!

 

 


ファスティングとは

 

ファスティングとは、一定の期間、全ての食物もしくは特定の食べ物の摂取を断つことです。ファスティングは元々、宗教上の行事として行われていたものでした。しかし、近年では健康促進、ダイエット、エイジングケア、美容などの目的で行われるファスティングが注目されています。


決められた期間内は、食事を摂らず、水、お茶、酵素ドリンクなどを飲みながら生活します。常に働いている消化器官を休め、体の調子をよくすることが目的として行います。

 


ファスティングのメリット

 

ここからは、ファスティングを行うメリットについてお話ししていきます。


①臓器を休めることができる

基本、私たちの食生活は1日3食の人が多いかと思います。その間、臓器は活発に動き続けているため、体への負担は大きくなります。ファスティングを行う事で、臓器を休めることができ体の機能を整えることにつながります。


②食生活のリセットができる

普通の食生活をしていると、化学調味料や人工甘味料、味付けの濃いものに慣れてしまい、どんどん味覚が鈍くなってきます。ファスティングを行う事で、普段の食生活がリセットされ、さまざまな感覚が正常に戻りやすくなりする。


③肌質の改善

ストレスや乱れた食生活で原因で腸内環境が悪くなると、吹き出物やシワなど肌にも影響が現れます。ファスティングでは固形物を摂取しないため、腸内環境をリセットできます。それにより、肌トラブルの改善に期待ができます。

 


ファスティングのデメリット


ファスティングを行う上でデメリット、注意すべきことをお伝えしていきます。


①筋肉が減る

私達の体は食事を摂取しなくなると、エネルギーが不足するため、その代償として筋肉や脂肪を分解してエネルギーに換えてしまいます。そのため脂肪だけでなく筋肉も減ると考えられています。

間違ったファスティングは痩せにくい体を作るため注意が必要です。


ファスティングを行う際は、長期的なものは避け、長くても3日程が良いでしょう。

 


②リバウンドの危険性

ファスティング後のドカ食いにはかなりの注意が必要です。数日間、固形物を食べない生活を行っているため食欲のコントロールができずに、過食に走るケースも多くあります。

その結果、体重が増えるだけではなく、逆に内臓へ負担がかかる危険性があります。

 


③栄養不足による体調不良

ファスティング期間は、体に栄養が入ってこないため、頭痛、めまい、ふらつきなどを起こす危険性もあります。このような症状が出た時はかなり危険ですので、一旦すぐにやめましょう。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

ファスティングについてのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ