NEW

腸内環境を悪化させるものは・・

【この記事のキーワード】

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回は腸内環境を悪化させるものをご紹介したいと思います。これらを知っておくことで腸の環境を悪化させないように気を付けることができます。

では確認していきましょう!!

 

腸内環境を悪化させるもの

 

・グルテン

・砂糖

・カゼイン

・アルコール

・抗生物質

・食品添加物

・人工甘甘味料

・ストレス

 

これらは腸内細菌のバランスを崩し、腸内環境の悪化の原因となります。そのため、意識して控えることが必要になります。。

それでは今回はグルテンを説明していきます!!

 

グルテン

 

グルテンは、小麦やライ麦などの穀物から生成されるタンパク質に一種です。
その構成としては、グルテニンとグリアジンが水を吸収して網目状につながったものです。

このグルテンを含んでいる食品として、

パン・うどん・素麺・ピザ・パスタ・ラーメン・お好み焼き・洋菓子類などが当てはまります。

 

次にカゼインについてです。

カゼイン

 

カゼインは牛乳やチーズに含まれるタンパク質の一種で、グルテン同様に消化しずらいたんぱく質です。そのため、未消化のまま腸に穴を空けて血液中に漏れ出すリーキーガット症候群のリスクになります。

カゼインが含まれる食べ物として、

牛乳・カフェオレなどの乳飲料・チーズ・生クリーム・アイスクリーム・ソフトクリーム・カスタードクリーム・練乳

これらに含まれます。

 

いかがでしょうか?腸内を悪化させる食べ物や原因を知って、ダイエットに活かしていきましょう!!

 

Tomoya

Tomoya 日本体育大学在学中よりトレーナーとして活動しており、トレーナー歴10年になります。 専門分野は、カラダの動きや姿勢改善などにより身体の不調を改善することです。 このようなことでお悩み...

腸内環境を悪化させるものは・・のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ