NEW

疲労回復について

【この記事のキーワード】

, ,

 


皆さん、こんにちは!


皆さんは、ダイエットを始めると体が疲れやすくなった経験はありませんか?

せっかく始めようと意気込んでも、急に体調を崩したり、疲労が溜まってダイエットの妨げになったりすることでやる気も落ちやすくなります。

今回の記事では、なぜ疲労は溜まるのか。また、どのように対処すればいいのか詳しく解説していきたいと思います。


是非、参考にしてみてください!

 

 

疲労とは

日本疲労学会では、「疲労とは過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態である」と定義されています。


簡単に言いますと、「これ以上、体に負荷がかかる状態が続くと体に害が及びますよ」という生命を維持するためのサインになります。活動を抑えることで体を守ろうとしている状態であるとも言えます。

 

 

疲労の種類

 

まず、疲労は「末梢性疲労」と「中枢性疲労」に分類することができます。


末梢性疲労

体の疲れになります。

体を動かし続けることで筋肉に蓄えられたエネルギーが枯渇している状態が末梢性疲労です。筋肉を使い過ぎることで、老廃物や過労物質が蓄積し筋肉の張りやだるさとして現れます。また、使い過ぎて傷ついてしまった筋肉では炎症が起こり、筋肉痛を引き起こします。


中枢性疲労

精神的な疲れになります。

一般的に、視神経や脳の緊張状態から発生します。人間関係のストレスや長時間のパソコン作業などにより疲れを感じることもこの中枢性疲労の1つになります。

脳が活発にはたらくことで脳内での酸素消費量が増えると、それに伴い生体内で除去できないほどの活性酸素が発生してしまいます。そのことにより細胞が傷つけられ、だるさなどとして疲れを感じるようになります。

 

 

 

疲労回復させるには

 


疲労回復には、どのようなことをすればいいのか?

ここからは、疲労を回復させる方法について解説していきます!

 


良質な睡眠を取る

疲労回復に、睡眠は欠かせません。質の良い睡眠とは、スムーズに入眠できること、深く眠れたと実感すること、スッキリと目覚めることの3つがポイントです。

良質な睡眠は、睡眠時間の長さではありません。必要な睡眠時間は個人差があるため、自分に必要な睡眠時間を見極めることが大切です。


バランスの良い食事

栄養のバランスが摂れた食事は、疲労回復にとても効果的になります。筋肉疲労・肉体疲労 新陳代謝をスムーズにするために糖質の利用効率が高まるビタミンB1を含む豚肉や大豆製品などを積極的に摂取しましょう。


入浴

体が温まることで血管が拡張し、血流が改善されます。その結果、全身に血液が行き渡り、新陳代謝も向上します。40℃前後のお湯に10~15分程度つかるだけで、十分に体は温まり、血液の循環も良くなります。顔や額が汗ばむくらいを目安にやってみることをおすすめします。

 

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

疲労回復についてのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ