NEW

コーヒーを飲むメリット

【この記事のキーワード】

, ,

皆さん、こんにちは!


筋トレやダイエットをやっている人がよく活用する飲み物「コーヒー」

毎朝コーヒーを飲まないと1日がスタートできないという方も多いかと思います。しかし、コーヒーは健康にいいのか、悪いのか。また、どのようなメリットがあるのかを理解している人は少ないと思います。


そこで、本日の記事ではコーヒーを飲むメリットを中心に解説し、上手に付き合っていく方法をお教えいたします。

是非、参考にしてみてください。

 

 

コーヒーを飲むメリット

コーヒーに含まれるカフェインが体に良い影響を与えてくれます。コーヒーの苦味成分がカフェインです。

そのカフェインに覚醒させる作用があるため、脳を活性化させたり、集中力UPさせ仕事や勉強の効率を上げてくれます。

また、カフェインは運動前にもおすすめです。体脂肪燃焼効果、基礎代謝の促進などの働きもありますので、特にダイエットを行っている人は効果的です。


そのほかにも、カフェインにはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは、抗酸化作用があるため活性酸素を無毒化したり、血糖値の上昇を抑えることにもつながります。

 

 


コーヒーを飲むデメリット

コーヒーにはクロロゲン酸というものが含まれます。このクロロゲン酸が胃酸の分泌を促進するため、胃潰瘍や胃炎 を起こしやすくすると言われています。また、カフェインの覚醒作用により脳が働くことによって睡眠の妨げになる可能性もあります。


その他にも、カフェインの効果によりトイレが近くなったり、酸味成分により口腔内が酸性になり 細菌が増えるといった原因で口臭が臭くなったりなどのデメリットもあります。

歯が黄ばむのもコーヒーに含まれるポリフェノールが原因になります。

 

 


1日どのくらい飲めばいい?

健康にいいコーヒーの適量は、1 日 3~4 杯と言われています。カフェインの摂取量が 健康な成人の人で400mgを超えないように注意してください。ですので、1 回 180ml 程度を 1 日に 3~4 杯が健康にいいコーヒーの摂取量となります。 また、空腹時と就寝前の飲用はデメリットが大きいので避けましょう。

 

 

注意点

コーヒーを飲む際の注意点は沢山あります。


①飲むタイミングに気をつける

カフェインが体内で分解されるには約3〜4時間かかると言われています。

そのため、寝る3~4時間以内に飲むと覚醒作用で入眠を妨げたり、睡眠時間が短くなってしまったり、睡眠の質が下がるなどの影響があるので注意が必要です。

 

②飲み過ぎも危険

コーヒーに含まれるカフェインを大量摂取すると、カフェイン中毒、貧血、心拍数の増加、高血圧、不整脈などさまざまな病気のリスクが高くなります。

 


③無糖以外はしっかりカロリー含まれている

当たり前ですが、コーヒーに入れる砂糖やミルクにはカロリーが含まれています。

シュガースティック1本:約16kcal

ミルクポーション1個:約7kcal


とても少量のカロリーと思うかもしれませんが、1日複数回コーヒーを飲む人にはかなりのカロリー摂取になります。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

コーヒーを飲むメリットのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ