NEW

過敏性腸症候群とリーキーガット症候群

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回は腸内環境が悪化することで起こる腸の異常についてお伝えしていきます。もし、今回説明する症候群に当てはまる可能性がある場合は腸内環境を見直していきましょう!それでは進めてきます。

 

過敏性腸症候群

 

まず、こちらから説明してきます。

日本では1,200万人を超える患者がいると言われており、長期間の下痢や便秘を繰り返したり腹部膨満感が続いたりする病態のことを指します。

人によっては強い下痢症状であったり、便秘の方が強い症状であったりとさまざまなケースがあります。このように腸内細菌のうまく働いていないことで起きます。
これはディスバイオーシスといい、消化吸収の腸の機能が正常な状態から逸脱していることを言います。食事の影響が大きく、食物繊維の不足、脂肪の過剰摂取が引き金となって発生します。

 

リーキーガット症候群

 

これは、腸粘膜の異常によって発生します。腸粘膜の同士の間が壊されることで毒素やウイルス、アレルゲンなどの有害物質が血管内に漏れ出すことを言います。この状態になると免疫機能を低下させ、腸をより悪化させることになります。

なぜなら、本来なら取り込まれることのないさまざまな異物が体内に侵入することで炎症やアレルギー反応、肝臓への過大な負荷を引き起こすからです。そのためリーキーガット症候群は腸内が悪化することで発生する腸の異常であると理解してください!!

Tomoya

Tomoya 日本体育大学在学中よりトレーナーとして活動しており、トレーナー歴10年になります。 専門分野は、カラダの動きや姿勢改善などにより身体の不調を改善することです。 このようなことでお悩み...

過敏性腸症候群とリーキーガット症候群のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ