NEW

身体を温める食材

【この記事のキーワード】

, ,

皆さん、こんにちは!


季節は秋になり、少し肌寒い季節になってきました。

寒くなってくると、出来るだけ「動きたくない」「何もしたくない」という気持ちになると思います。

日常生活でも、ダイエットをする上でも体温を高く保つことはとても大切になります。

そこで本日の記事では、身体を温める作用がある食材を紹介していきます。

是非、参考にしてみてください。

 

 

体温が低くなる原因


現代の私たちの冷えの原因は、気温の低下や冷房のある環境が多いと言った原因だけではなく、基礎代謝の低下、食生活の乱れ、過度なストレス、睡眠不足、自律神経の乱れなど生活習慣が原因による冷えも多くあります。


また、現代人は昔に比べて平熱が下がっていると言われています。身体の冷えは、様々な病気を引き起こす要因となっていると言われています。

身体が冷えることで、健康面だけはなくダイエットをする上でも障害となることが多くあります。

 

 


身体の冷えが起こす危険性


身体が冷えることで様々な不調を招くことにつながります。


・疲労感、脱力感

・頭痛

・肩こり

・腰痛

・便秘

・不眠

・身体のむくみ

・自律神経の乱れによるイライラ


など、沢山の危険性があります。

また、特に女性の方は、生理痛が強くなったり手足が異常に冷たくなったりと大きな影響を与えることにもつながります。

精神的なストレスも溜まり、最悪の場合うつ状になる危険性もあります。

 

 

身体を温める食材


まずは、簡単に意識できるところから変えていくことが大切になります。

ここからは、身体を温める作用がある食材をご紹介していきますので、一緒に普段の食生活を見直していきましょう。

 


りんご

りんごの皮にはポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールの働きは、抗酸化力から体内の活性酸素を除去し、血流を良くしてくれると言われています。

ですので、皮ごと食べることをおすすめします。

 

 


ナッツ類

意外と知られていないですが、ナッツ類も身体を温める効果があります。

ナッツは、毛細血管をひろげて血液の循環をよくするビタミンEを豊富に含んでいます。食物繊維も多く含まれているので、便秘の解消にもつながります。

くるみやアーモンドがおすすめです!

 

 

玉ねぎ

玉ねぎには血流の循環をよくし、体を温める作用があります。 また、発汗作用もあるため、特に冷え性の人には効果的な食材になります。たまねぎはユリ科の野菜に多く含まれている成分、硫化アリルを含みます。たまねぎ特有の辛みが硫化アリルです。糖質の代謝に必要なビタミンB1と結合し、ビタミンB1の吸収をよくすることで疲労回復にもつながります。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

身体を温める食材のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ