NEW

運動不足は生活習慣病のリスクを高める

【この記事のキーワード】

, ,

皆さまこんにちは!

パーソナルトレーナーの山下ちぐさです。

運動不足になると、

・太りやすくなる

・体力や筋力が落ちる

など、なんとなくイメージできている方も多いと思います。

ただ、長期的な運動不足では生活習慣病などの病気のリスクを高める、健康面で心配なことが出てきます。

生活習慣病とは、健康増進法上では「がん及び循環器病」と定められています。

 

運動は心疾患の危険を減らす

運動には、心疾患の危険を減らす効果に加え、血液循環促進や高血圧の予防、体重コントロール、メンタルヘルスなど様々な効果が期待できます。

最近の研究でも、1日8,000歩以上での糖尿病やうつなどのリスク低減などが確認されています。

現代では、意識して身体を動かさないと運動不足になりがちです。

まずはウォーキングやラジオ体操などの軽めのものから始めてみてください。

筋力をつけたい方や姿勢を改善したい方は筋トレがオススメです。

パーソナルトレーニングでは、一人一人の体調や体力に合わせたトレーニングを提案します。


身体を動かすのが久しぶりという方でも安心してトレーニングが可能です。

体験トレーニングがございますのでお気軽にお問い合わせください。

LINE公式アカウント「山下ちぐさ」(y-studio)

https://lin.ee/Ej8zRyj

chigusa.yamashita25@gmail.com

山下ちぐさ

山下ちぐさ こんにちは! パーソナルトレーナー兼セラピストをしている山下ちぐさです。 【心身の健康】をテーマに、トレーニングや施術提供を行わせていただいています。 楽しくトレーニングができるようにサ...

運動不足は生活習慣病のリスクを高めるのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ