NEW

ベントオーバーローイングのフォーム その②

【この記事のキーワード】

,

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

ローイングの効果を十分に引き出す為のフォームをおさらいしていきましょう。

スクワットでも、ベンチプレスもデッドリフトと同様に頭を上げ、広背筋を引き下げ、お腹に力を入れて腹圧を入れていきます。

もちろんローイングの種目でも、この姿勢を維持する必要があります。

そしてグリップです。

一般的に、広背筋の刺激を強める際は広く握ります。中・下背部を強調し、厚みを付けたい場合は狭めや、逆手に握るとされています。

ボトムポジションでは、背中が十分にストレッチがされているかも確認しましょう。

ラックで行う際、ストッパーの位置も確認します。

あまり高過ぎると、可動域が狭くなります。

適度な高さを調整するのが重要です。

ボトムポジションからトップに引き上げる際に、腹圧を高める事は大切です。

それは軽い重量でも、重い重量でも一緒です。

グリップや、引き上げる箇所によってメインで効かせたい部位に意識を固めます。

引く時は、肘は出来るだけ後方に引き、外に広がらない様にすると、引きも強くなります。

反動を使わない様に動作を行います。

その為にも、ブラブラしない様にボトムポジションでも、ググッと一旦停止します。

この種目はデッドリフトなどでも活用できます。

反動を使う癖をつけてしまうと、デッドリフトなどの種目で十分な出力ができなくなる場合もありますので気をつけていきましょう。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

ベントオーバーローイングのフォーム その②のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ