NEW

お酒と正しく付き合う方法

【この記事のキーワード】

, , , ,

皆さん、こんにちは!


いきなりですが、皆さんはお酒は好きですか?

ダイエット中の人や筋トレをやっている人はとても気をつけながら生活しているかと思います。

「アルコールは筋肉を分解する」「ダイエット中はお酒はダメ」などよく言われますが、1番はお酒と正しく付き合いながら生活をすることです。

本日は、お酒を飲むときの注意点などを詳しく解説していきますので是非、参考にしてみてください^^

 

お酒の飲み方

ダイエットをしている人、筋トレをしている人でお酒との付き合い方が分からないという意見はよく聞きます。

また、飲み会などが多くて困るという人も多いかと思います。

ここからは、具体的なお酒との付き合い方をご紹介していきます!


1.アルコール摂取量

アルコール20g前後が健康被害を出さないと言われています。

具体的な量で言いますと、

・ビール(4%未満)500ml

・チューハイ(5-6%)350ml

このくらいの量になります(※個人差があるので注意)


一気に量を落とすとストレスになりやすくなるので、まずはいつもの量の半分にし、最終的に摂取目安程度の量に持っていけるといいです!

 

 

2.時間帯

寝る4時間前までにアルコールの摂取をやめることが重要になります。体内に入ったアルコールが分解されるのにある程度の時間が必要になります。アルコールの分解を終わらせて寝る事で睡眠の質を下げずに快適な睡眠を取ることができます。

 

 

3.食べ合わせの良い悪いがある

まず、空腹でのアルコール摂取は1番危険になります。空腹状態でアルコールを摂取することで、急速に血中アルコール濃度が上昇し、肝臓に負担がかかりやすくなります。

では、実際にどのようなものを食べたらいいのか?また、避けるべき食べ物はどんなものなのかをご紹介します。


【良い組み合わせ】

タンパク質、食物繊維、一緒に食べることが1番良いです!これらは消化吸収スピードが遅いのでアルコールの吸収スピードが遅くなります。


具体的な食べ物

・お肉

・魚

・サラダ など


【悪い組み合わせ】

組み合わせとして最も避けたのが、炭水化物になります。糖質も肝臓が処理するため、同時に分解されると肝臓に大きなダメージを与えます。

少し意識して炭水化物を避けてみてください。

 

 

4.避けたい危険なお酒の種類

缶チューハイなどの添加物、防腐剤、人工甘味料などが多いものは非常に危険になります。

ビールは発泡酒よりも生ビールを選ぶことをおすすめします。

 

 


5.チェイサーの重要性

必ず合間に水を飲む事を意識してください。アルコール摂取をすると利尿作用による水分不足になります。これが二日酔いの原因にも繋がるのです。

飲み過ぎ防止にもなりますので、気が付いたら必ずチェイサーを入れてください。


目安はお酒と同じ量程度をおすすめします。お酒を一口飲んだら水を一口飲む癖をつけるといいですね!

 

 


6.お風呂にすぐ入るのは危険

飲んですぐのお風呂は非常に危険です。

お酒飲むと血管膨張し血圧が下がります。お風呂に入るとさらに血圧が下がるため、脳に血液が回らない、めまいなどが起きる原因になります。

どうしても入りたい場合は、ぬるま湯で入ることをおすすめします。シャワーのみが1番好ましいです。

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

お酒と正しく付き合う方法のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ