NEW

血中アミノ酸濃度を知って筋トレに活かす

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回のテーマは、血中アミノ酸濃度についてです。
皆さん聞いたことありますか??
アミノ酸はたんぱく質を細かくした構成成分です。これらは筋トレと深い関係があります。それを知って、筋トレに活かしていきましょう!

 

血中アミノ酸濃度とは?

 

これは、血液中のアミノ酸の濃度のことを言います。
この濃度を高くしておくことで、筋肉の合成を高めることができます。
また、筋肉の合成を低下しないようすることで筋肉の分解を防ぐという目的もあります。
特にダイエット中では筋肉量を減らさないように血中のアミノ酸濃度を下げないようにすることもポイントになります。

では、よりイメージがつくように説明していきます。

 

血中のアミノ酸濃度のピーク

 

血中のアミノ酸濃度は食事内容やサプリメントによって変わってきます。

・BCAA:30分程度

・プロテイン:60分

・食事:120分

によって、血中で濃度がピークになります。
そのため、トレーニング中はアミノ酸濃度が下がることによる筋分解を防ぐためにトレーニング中に摂取することが良いでしょう。

また、プロテインでは摂取した60分後にピークに達するためにトレーニング1時間前に摂取することで筋分解を抑制または合成にもつながります。

そして、食事では2時間程度でピークになることから、濃度を維持するために2〜3時間おきには食事やサプリメントで濃度を高い状態に維持することが必要になります。

このように血中のアミノ酸濃度を高く維持することは筋肉量を増やすためには必要になってきます!!

Tomoya

Tomoya 日本体育大学在学中よりトレーナーとして活動しており、トレーナー歴10年になります。 専門分野は、カラダの動きや姿勢改善などにより身体の不調を改善することです。 このようなことでお悩み...

血中アミノ酸濃度を知って筋トレに活かすのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ