NEW

トレーニング前に整体する理由

【この記事のキーワード】

, ,

 ストレッチや整体技術はなぜ必要か?

トレーニングとは筋力を高めたり、強化したり、肥大させたり
時にはスポーツのように連動性を高めたり、バランス能力を補ったりと様々な効果が期待されますよね

初めに世間でよく言われる
トレーニング前のストレッチや施術は
やっちゃいけないんじゃ無いか
って疑問があると思います

主に考えられることは

  • 筋トレ効果の減少
  • 怪我のリスクが増大
  • 倦怠感

もちろんやりすぎたり
ギリギリを競う競技をやってるのであれば
こんな心配があるんだけども

トレーニングの効率を上げることもできる理由を
説明していきますな

トレーニング前に整体術をするとどうなるのか?

トレーニングは間違えると
こんな感じの不調をさらに増長しちゃう場合がありまして

どこかしらの不具合(肩こりや腰痛

何かしらの不調(むくみ、冷え、生理痛

骨盤や骨格上の歪み(左右差、疲労の蓄積からのズレ

これを放っておいてトレーニングすると
悪い方向に体が持って行かれたりしますね

トレーニングを行う前にこういった点が改善できれば
トレーニングの質はガンガン上がっていきますね

そのために行っていくのがストレッチなんかの整体術なんですな
僕もパーソナルトレーナーなんで
お客様には必ず施術を行っておりますね

もちろん先に書いたようにやり方を間違えちゃいけないんで
ちゃんと効果のある施術になりますが

どんな施術を行えばいいの?

一概に施術といってもじゃあどこをどうしたらいいの?という話ですよね。
正直なところ文章で全てを書くことは不可能に近いんで簡単に

まずは考え方から

例えば
肩こりがある
と症状が確認されているとして

その場合は肩周辺の筋肉の緊張や、血流不全を改善し
そこから肩こりが起こらない姿勢に持っていくトレーニングが必要になってきますな

例えば
腰痛がある
として

左右の歪みはないか
原因は何かを判別し、アプローチできるようであれば
緩める必要のあるところを緩め
トレーニングしなければいけないところはトレーニングをして
バランスをとっていきますね

必ずストレッチなのか?
と言われればそんなこともなくて

  • 指圧
  • 筋膜リリース
  • 皮膚誘導

等々何でもいいわけですな

マッサージだけは
国家資格がないと行えないんで
そこだけは注意ですね

ストレッチや整体術が使えないジムは多い 

とはいえ
全てのジムやスタジオでそれらが行えるかといえば
かなり難しいんですな

理由はいくつかありまして

  • 時間がかかってしまうプログラムの中に入れられない
  • スタジオなど集団で行う場合1:1は難しい
  • トレーナーがお客様に触れることで他のトラブルを誘発しやすい
  • 個人のレベルの違いによりサービスの質に差が出る

などなど
行えない現状もいくつかありますね

なのでセルフケアやストレッチが大切になってくるんですが
そういった施術だけでは意味がないんですな

説明した通り
ストレッチ+トレーニングを行う必要がありまして
これを理解するのが難しいわけですな

前田剛希

前田剛希(まえだ・ごうき) 加圧トレーナー トレーナースクール 2ndpass パーソナルトレーナー モテボディコンサルタント 小中学と高校では自分の体型にコンプレックスを抱えていてうまく人と話せ...

トレーニング前に整体する理由のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ