NEW

ムーンダイエットについて

【この記事のキーワード】

, ,

ムーンダイエットを知ることで効果が倍増する 

世間で言われるムーンダイエットは

  • 月の満ち引きを考えて
  • 満月と新月をカレンダーでチェックして
  • 引力とかスピリチュアルとか

とかって言われていて

なんならサプリメントとかも出ていて
さすがに胡散臭さマックスなんですよねー

食事のアドバイスとかも普通の指導との違いが全くないし
「これ、普通のダイエットなんじゃね?といった感じ」

なんで今回お伝えする内容は

女性の月経周期を意識したダイエット略して
ムーンダイエットのお伝えですね

ムーンダイエットの効果をさらに引き出す 

こっからはさっきの記事の応用編といった感じ

その中でストレスを回避しようぜって話があったんだけども
食事からのストレスからどうにかしてみては?

という話に繋がってきております

月経の中でもダイエットに適さない時期ってのは
適さないどころか

  • 重い
  • 痛い
  • 食欲やばい
  • めちゃくちゃむくむ

みたいな感じになっているわけであって

何も考えないと欲望のままに食事をとっちゃうわけですな

そうしたらダイエットどころじゃなくなっちゃうんで
そうならないように考えていこうぜっていうのが今回のお話

まずは気にして欲しいのが

  • 脂肪
  • 糖質
  • アルコール

ムーンダイエットは意識しないとむしろ効果半減!?

痩せにくい時期はとにかくキープするだけでも素晴らしくて
普通だったらむくんだり体重が増えたりってのが普通なんですな

ただ、これだけは注意したいってポイントがあるんで
そこに関しては解説していければと思っております

  • オメガ6脂肪酸

脂肪の中でも主に動物性の食品に多く含まれている
「オメガ6」は有名な疼痛増幅物質で
つまりは痛みの元みたいなやつ

主に

「お肉」「乳製品」などなどに含まれていることが多いですね

簡単にいってしまえば
動物性の脂肪を取り過ぎてしまっている人はそれを控えるだけで
結構痛みがなくなるよという話だったり

痛みが重かったり強かったりする人の中で
お肉が好きでお肉ばかり食べている。

なんて心当たりがあるなんて方はいませんか?

もしかしたらそれ
いつもの焼肉のせいかもしれませんよ?

  • 糖質

糖質というよりはこれは白砂糖のことを指すのですが
砂糖は摂取すると血管を拡張する作用がありますね

すると体の中で「ヒスタミン」という成分が分泌されるのですが
これが良くないんですよね

ヒスタミンは体を炎症反応に弱くなってしまったり
炎症が起こりやすくなってしまう体になったりしますね

糖質は体の中で必要な成分なので
完全に避けることは難しいですが
「お菓子」だったりとか
「ジュース」だったりとかを控えることで

これらは効果があるので
ぜひ実践してみてくださいね!

  • アルコール

そして最後がアルコールですが
これはもうなんとなくでもわかる気がしますよね(笑)

アルコールに関しては体の中で良いとされることはほとんど確認されていません。

むしろ悪い点が多過ぎて説明しきれないくらいありますな

簡単に言えば

  • ガンになりやすい
  • 不眠になりやすい
  • 老化しやすい
  • 痛みに弱い体になりやすい

ムーンダイエットの効果を倍増させる方法 

ムーンダイエットのコツは
自分をしっかり理解することになってきますな

  • 自分の月経周期の特徴
  • 体調が悪くなる時の条件
  • 偏食になりやすい環境

崩れやすい特徴を理解しておけば対策を立てることができる
対策が立てば障害にも立ち向かいやすいですからね

  • 食欲が湧いてしまうとかとりあえず食べてしまう
  • 薬を切らしてしまってだらだらと過ごすしか無くなってしまう
  • 突然憂鬱になってしまう

こういったことはなるべく避けたいし
避けられる=ダイエットがうまくいくってことなんで
手帳にメモしたしてみて欲しいですな

前田剛希

前田剛希(まえだ・ごうき) 加圧トレーナー トレーナースクール 2ndpass パーソナルトレーナー モテボディコンサルタント 小中学と高校では自分の体型にコンプレックスを抱えていてうまく人と話せ...

ムーンダイエットについてのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ