NEW

女性周期を考えたダイエット法②

【この記事のキーワード】

, , ,

女性のダイエットに重要なのはセロトニン?

前述したように、月経前は気持ちも不安定になりがちです。

これにはさまざまな要因があるのですが、とくに月経前には気持ちの安定に大きく影響を及ばす「セロトニン」という脳内分泌物が減少することも一因とされています。

セロトニンは、脳内のさまざまな神経伝達物質に働きかけ、主に二つの機能を持っています。

ひとつは、「精神を安定させる役割」、もうひとつは、満腹感を与え「食欲を抑制する作用」です。

「むしゃくしゃするから、とにかく食べて発散しよう」と考えるのは、セロトニンが不足している可能性が高いと考えられます。

つまり、精神が不安定で食欲の抑制がきかないため、甘いものや過食に走ろうとするわけです。

なぜ「甘いもの」なのかといえば、これらを食べると一時的にセロトニンの分泌が増え、気持ちが落ち着く作用がある為です。

この状態をからだが覚えてしまい、セロトニンが不足すると、特に甘いものへの欲求が強くなると言われています。

女性は男性に比べて、もともとセロトニンの脳内物質が少ないので、不足すると情緒不安定になったり甘いものを中心とした過食に走りやすくなったりする傾向があるといわれています。

しかも月経前の体調不良期には、脳内のセロトニン分泌量が低下するだけでなく、その伝達まで妨げられるとも言われ、さらにこの傾向が顕著になります。

ダイエットをするなら、「イライラしてきた」と思っても、そのたびに高カロリーの甘いものや過食に走るのではなく、運動等でセロトニンの分泌を増やすことを心がけてみましょう。

ストレス回避に効果的なポイント
①からだを動かす

筋トレしようぜって話

②「トリプトファン」を摂取する

セロトニンをつくりだす原料となる必須アミノ酸トリプトファンを摂取することも有効です。

これを多く含む「牛乳」や「チーズ」、「バナナ」、「大豆」、「マグロなどの赤身の魚」などを摂るのもよいでしょう。

でも、乳製品は僕はあまりオススメしませんが。。

③よく眠って太陽の光を浴びる

良質な睡眠をとることでセロトニンの分泌量は増加します。 また、起きたあとに太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、不規則な睡眠によって減少しがちなセロトニンの分泌が正常に戻ると言われています。

④気分転換&リラックス

ラベンダーやローマンカモミール、マジョラムなどの香りはリラックス効果があり、セロトニン分泌にもよいとされています。

よい香りで気分転換しましょう。

前田剛希

前田剛希(まえだ・ごうき) 加圧トレーナー トレーナースクール 2ndpass パーソナルトレーナー モテボディコンサルタント 小中学と高校では自分の体型にコンプレックスを抱えていてうまく人と話せ...

女性周期を考えたダイエット法②のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ