NEW

指標を決める

【この記事のキーワード】

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

筋トレでの効果の指標になるのは、筋力の変化です。

体組成が目的であっても、筋力・筋量の増加、代謝の向上を実感できます。

使用重量も、どのような目的のトレーニングであれ、有効になります。

もちろん、男女差は人によっては、使用重量の増加には頭打ちが出てきます。

使用重量が上限に達して伸びが滞ってきたならば、他の要素に目を向ける必要があるかもしれません。

ですが、以外と上限に達している人は言うほどいないかもしれません。

実際に、ほとんどの人は、これまた以外と余力があるかもしれません。

筋力・筋量が向上しないとしたら、それは上限に達しているのではなく、やり方が正しくないという問題だとしたら…

筋力は定量的に、客観的に評価できます。

前回のトレーニングより、筋力が伸びているかどうかは判断できるはずです。

筋力が伸びていなければ、何が足りないのかを分析して、トレーニングプログラムや食事内容を調整する必要も出てきます。

そして、筋力は弱く・苦手な部位にも反応してきます。

弱く・苦手な部位があれば、見た目も総合的な重量も、筋力は伸びにくくなる可能性だってあります。

そこで弱く・苦手は部位を克服していく事が、結果的に向上に結びついてきます。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

指標を決めるのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ