NEW

40代以降も怪我を抑えて若々しさを保つ為に

【この記事のキーワード】

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

40歳以降、最も気をつけなければならないのが怪我の要因を避ける事です。

筋トレは怪我にも悩まされます。

部位に至っては腰・膝・肩・手首など様々です。

そこで怪我の予防は重要となります。

怪我をしてしまうと、これまた治癒にも若い頃よりは時間が掛かってしまうのは確かです。

トレーニングプログラム自体の構成種目は若い頃と同じで構いませんが、使用重量は調整する事も大切です。

出来るだけ高重量に挑戦してきた20〜30代、重量が更新していくのも楽しかったでしょう。

ですが、40代以降は健康と若々しさの維持の為にトレーニングを継続していくのも、良い目標となりえます。


ただ、高重量のトレーニングをするな、という訳ではなく、重視すべきは、怪我を抑えて若々しさを保ちながらできるだけ長くトレーニングを続けられる様にする事です。

その為にも、疲労回復の為のケアも織り交ぜていく事ほ大切です。

そこで疲れの症状として、

・朝起きた時の疲労感

・インターバルの際の心拍数増加

・食欲の減退

など、疲労が感じられる状態に陥っていると判断したら、迷い無くトレーニングOFFにして、トレーニングプログラムを調整をし続ける事です。

長くトレーニングを継続していく為にもです。

自覚がなくとも、疲れが溜まっている可能性もあります。

やはり定期的にOFF日を設けることで、長期的にトレーニング歴を伸ばし続ける事が出来るでしょう。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

40代以降も怪我を抑えて若々しさを保つ為にのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ