NEW

ダイエット停滞期を打破する方法

【この記事のキーワード】

, , , ,

皆さん、こんにちは!

現在、ダイエットをしている方、「停滞期」がきていませんか?

ダイエットを始めて数ヶ月が経ち、「最初は順調に落ちたものの途中から全然落ちなくなった」

という経験がある方は多いと思います。

本日は、停滞期はなぜ起きるのか?そして、停滞期の打破するポイントをご紹介していきます!

 

食べ過ぎている

1番多いケースが「シンプルに食べ過ぎている」ということです。ダイエット初期の段階は、モチベーションも高く食事のコントロールができていたが、徐々に間食や外食が増えたりすることでアンダーカロリーになっていないケースです。

 

体の防衛反応が働いている

停滞期の原因として考えられる一つとして、体の防衛反応による停滞です。必要な摂取カロリー以下の食事制限を続けていると、体の防衛反応によって停滞期が起こります。この反応は、体を一定の状態に保とうとする「ホメオスタシス」といわれる、人間に備わった機能によるものです。

ダイエットにより十分なカロリーを摂取できなくなると、体は栄養が不足した状態から守るために、基礎代謝を下げて少ないエネルギーでも体を維持できるようにします。その結果、ダイエットを継続しているのになかなか体重が減らなくなってしまうのです。

 

筋肉量の低下

ダイエットを行うことで、体脂肪だけではなく筋肉も減ってしまうケースが多くみられます。理由としては、アンダーカロリーにするため栄養が不足することや

たんぱく質の摂取が減ることなどで筋肉が減ってしまうのです。筋肉量が多いほど基礎代謝は高くなります。つまり、筋肉量が低下してしまうと代謝も落ち、体重減が停滞してしまいます。


停滞期を打破するポイント

1、食事の見直し

先ほどもお伝えした通り、停滞期の1番の原因は「食べ過ぎ」です。

今現在、自分はどのくらいのカロリーを1日で摂取しているのかをもう一度見直してみてください。調味料やドレッシング、飲み物などカロリーが含まれているものもきちんとカウントすることでより正確に見直すことができるので、一度だけでもやってみてください。

そして、それを基準に量を減らすなどの調整ができるようになるのでとても分かりやすくオススメです!


2、食事の量に変化をつける

 

この方法は、長くダイエットをしている人や体重を大幅に落とした人にオススメの方法です。そのような方の停滞はおそらく、体の防衛反応による停滞です。

ですので、1度食事の量に変化をつけると打破できる可能性があります。


【具体的な方法】

・1日だけ炭水化物の量をいつもの倍にする

・夕方までに自分の好きなものを食べる


3、睡眠時間の見直し

 

ダイエットを成功させる鍵となるのが「睡眠」です。睡眠時間が短い人は体重が落ちずらいというデータは沢山存在します。睡眠中は「成長ホルモン」が分泌されます。成長ホルモンは別名「脂肪分解ホルモン」とも言われます。成長ホルモンの分泌が低下することで、代謝の低下にもつながります。

また、食欲増進の可能性が高くなるため注意が必要になります。

生活のリズムを整え、しっかり睡眠時間を確保してみてください!


4、筋トレを行う

 

トレーニングを行うことで、筋肉量を増やし基礎代謝が向上します。体脂肪が燃えやすい体をつくる、消費カロリーを増やすなど様々なメリットがありますので週1回からでもスタートしてみてください。

 

まとめ


皆さんいかがだったでしょうか!
是非今回の記事を参考にしてみてください^^
 
トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

 

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

ダイエット停滞期を打破する方法のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ