NEW

そのまま湿布とマッサージを続けても痛みがなくらない人のわかりやすいボーダーライン

【この記事のキーワード】

,

整骨院の腰の牽引(寝っ転がって腰にベルトを巻いて引っ張る)を受けて

湿布を貰う人を見て

一生良くならなどころか悪化してる!

って危惧しております。

 

本日のテーマはそのまま病院に

「痛み止めで痛みが減らないパターン」

でっす!

 

傷や捻挫など怪我で組織が炎症を起こしている場合には当然

痛み止めと言われる、抗炎症剤は有効です。

 

 

しかし、多くの慢性痛

・走ると膝が痛い

・座ってると腰が痛い

・肩が凝る

 

っていう内容の痛みってその部分が凝っていたりするかもしれませんが、

痣や傷を押して痛い

っていう組織の炎症はないんです。

 

ではこの痛みちょっと専門的に表現すると

機械的ストレスと言われる種類なのです。

 

これは身体が元々機械のように調和の取れたロボットなのに

どこかが筋力不足や偏った生活習慣、先天的な骨格のせいで

どこかが使えなくなって、代わりに使いすぎた場所に痛みが出るというのが

機序となります。

 

つまり股関節の元々の骨格異常や、長時間のデスクワークで

股関節をうまく使えなくなり、膝や腰を酷使して

慢性痛となるといった具合です。

 

 

本来使わない箇所を酷使しての痛みが

湿布や痛み止めのせいで一時的に痛みは減りますが

更に炎症部分を酷使してしまうのです。

 

パンクしたタイヤで運転し続けてタイヤ本体までダメになってしまうような

意味合いです。

 

 

痛みを庇いながら身体本体にダメージを与えるより

そもそも庇わずに動けるように、筋肉を目覚ましたい方

お問い合わせお待ちしてます。

 

それでは本日も素敵な1日をお過ごしください〜♪


曽根田 健一


IG: @KENSONE817

池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼


学術的なトレーニングをしてみたい方!


下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】


『base BODY CONDITIONING』


https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9


【INSTARGRAM】


https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

睡眠時足つり改善パーソナルトレーナー 曽根田 健一

睡眠時足つり改善トレーナー 曽根田 健一 当てはまる方是非一度ご相談くださいませ。 *睡眠時に足をつる方 *産後の方 *体力に自信のない方 *身体が硬い方 *姿勢を気にしている方 *痩せたい方 *筋...

そのまま湿布とマッサージを続けても痛みがなくらない人のわかりやすいボーダーラインのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ