NEW

デカくならないどころかけがをする⁉ よくあるベンチプレスのエラー3選

【この記事のキーワード】

,

デカくならないどころかけがをする⁉ よくあるベンチプレスのエラー3選

大胸筋のトレーニングとして最も有名といっても過言ではないベンチプレス。

そんなベンチプレスですが、有名であるが故に見様見真似でやっていて間違えている・けがの原因になっている…なってこと結構あります。


実際に現場にいるとベンチプレスをやったことのあるお客様に初めてフォームを見せてもらうと8割の方が危険なフォームだったりします。

 

そんなエラーフォームを今回3つご紹介していきます!

 

脇が広がりすぎ

このフォームでやられている方、圧倒的に多いです。結論から言うとこのフォームは肩を痛めてしまう危険性がめちゃくちゃ高いです。

 

脇を可能な限り広げたほうがストレッチされる感覚はあるかもしれませんが、それはあくまでも「感覚」であって解剖学的には実際そのようなことはありません。

筋トレというのはそもそも筋肉の付着部、起始と停止を効率よく伸張と収縮させる作業です。

 

大胸筋の起始停止を考えると脇を広げる角度は45度~60度で十分ストレッチされます。

 

尚且つ広げすぎるとけがのリスクが上がると考えれば、広げる理由は全くありませんね。

 

正しくは45度~60度。目安はバストトップのあたりです。覚えておいてください。

 

上げる方向が胸の延長線上になっている

これもよくあります。特にそこそこトレーニング歴が長い方に起こりがちです。

 

これは何がいけないかというと、バーベルを持ち上げたときに腕が垂直に戻らないということですから、常におなか方向落ちないように耐えているわけです。この時主に働いているのは三角筋前部

 

これも肩を痛めてしまう原因になりますし、ベンチプレスで狙っていない部位を過剰に動員してしまうので非効率でもあります。

 

持ち上げるときは肩の真上に持ち上げて、腕が垂直になるようにしましょう。

腰をそり過ぎている

これもあるあるですね。重たい重さにこだわるあまり反ってしまっている方、よく見かけますので。一見こちらの方が上がるかと思いきやそうでもありません。「腰を反る」ということは肋骨の角度は広がり、お腹に圧がかかりづらい状態になっています。それでは力はうまく入りません。

 

また腰椎の椎間板に対するストレスは計り知れません。

必ず腹圧をしっかりとかけた状態で行ってください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?以外と知っているようで言葉では説明のできない内容だったかと思います。ぜひぜひ上記のようなエラーが起こらないように重さにトライしてみてください!

 

パーソナルトレーニング新規お客様募集中!!!


■活動場所

・池袋

・代々木上原(女性専用)

・恵比寿

・三軒茶屋など


ご希望地域のレンタルジムを利用しますのでご相談ください!


■料金

・体験トレーニング【60分】 ¥5,500

・通常パーソナルトレーニング【60分】 ¥7,700

・通常パーソナルトレーニング【90分】 ¥9,900


詳細は以下の【公式LINE】を追加の上ご確認ください!

■公式LINE

https://lin.ee/9bcFCKo


■Instagram

https://www.instagram.com/ko_ta.personaltrainer

工藤弘太

工藤弘太(くどう・こうた) 〇自己紹介 はじめまして!工藤弘太です! 皆様の不調をなくしたいというのをモットーに活動しております! 見た目だけではなく体の機能も向上させるボディメイクを一緒に頑張りま...

デカくならないどころかけがをする⁉ よくあるベンチプレスのエラー3選のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ