NEW

チートデイについて

【この記事のキーワード】

, , , , ,

皆さん、こんにちは!

いきなりですが、皆さんはチートデイをしたことがありますか?

今回の記事では、チートデイについてより詳しくを解説し、現在の食生活にうまく取り入れていただきたいと思います。

ぜひ参考にしてください!

 

 

チートデイとは?

チートデイとは、英語で「cheat day=だます日」という意味。飢餓状態になった身体に大量のカロリーを投入し、脳に「エネルギーをたくさん消費しても良い」と勘違いさせて減量を進める方法です。
ローファットダイエットで摂取カロリーを減らし、基礎代謝が落ちてしまっても、チートデイによって一気に消費カロリーを増やし、基礎代謝を上げることができます。

 

ここからは、チートデイを行うメリットについて詳しく解説していきます!

 

①代謝が上がる
一度停滞期に入った身体は、基礎代謝が下がった状態になっています。摂取カロリーの制限によって飢餓状態が続くと、停滞期が長く続き「食事を抑えても痩せない」と不安や焦りを感じる人も少なくありません。

チートデイを行い身体の飢餓状態をいったんリセットすることで、下がってしまった基礎代謝を元に戻す働きが期待できます。

 

 

②栄養状態を整える
ダイエット中にはどうしても不足しがちな栄養素が出てきます。不足している栄養素をチートデイで摂取することで栄養バランスを整えられる点も、チートデイのメリットです。

 

 

③ストレス解消になる(ただしやけ食いに注意)
ダイエット中はどうしても食に関するストレスが募りがちです。自分の好きなものを思いきり食べられるチートデイは、食べることが好きな人にとって大きなストレス解消となるでしょう。

特に、ダイエットを頑張っているのになかなか結果が出ない停滞期には、余計にストレスが大きくなるため、チートデイの果たす役割は大きいと言えます。

ただし、チートデイがただの「やけ食い」とならないように注意しましょう。やけ食いになってしまうと、それまで抑えていた食欲が解放されてしまい、後日、普段のダイエットメニューに戻せなくなる可能性があります。

 

 

チートデイのポイント

・期間は1日だけに定めておく

チートデイを行うのは1日のみです。つらい減量のストレスをその日だけは忘れ、「1日限定のごほうびデー」と思って存分に食事を楽しみましょう。チートデイの前後は必ず減量中の生活を維持することをお忘れなく。

 

 

・摂取カロリーに留意しつつ好きなものを食べる

チートデイは、普段の食事以上のエネルギーを摂取することが目的です。カロリーに換算する場合、自分の体重×40~45kcalを目安にしながら食事を楽しむとよいでしょう。このカロリー計算さえ頭に置いておけば、あとは自分の好きなものを存分に食べましょう!

 

 

・食事を最大限に楽しむ

チートデイでは、食事を心から楽しむために、ダイエット中に我慢していた肉料理や大好きなスイーツなど、本当に食べたいものを食べるようにしてください。食事を楽しむことで、ダイエットで溜め込んでいたストレスを発散させ、翌日からのダイエット再開に向けてモチベーションを上げられますよ。

 

まとめ

皆さん、いかがだったでしょうか。

現在、ダイエットしている人やチートデイのやり方がわかない人などはぜひ参考にしてみてください!

 

トレーニング、食事指導、健康サポート、姿勢改善、機能改善のサポートを行っております!
トレーニング初心者の方でも大歓迎!
お気軽にご連絡ください!

Yuya

Yuya はじめまして、Yuyaです! 楽しくトレーニングできるようにサポートします! よろしくお願いいたします。

チートデイについてのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ