NEW

姿勢改善で気をつけるべきポイント

【この記事のキーワード】

, ,

ボディメイクの姿勢改善を行う時に気にするポイントは?

まずはストレッチする時の注意点から

・やたらストレッチしない(全身全部とか)
・適当にストレッチしない(なんとなくやるとか)
・強引にストレッチしない

とりあえずやればいいってわけではないので、そこは把握しておいてください。

次に筋トレ

・トレーニングフォームが理想の姿勢になる種目を選ぶ
・できないトレーニングをできないままにしない
・トレーニングフォームは正しいものを選ぶ

意外と知られていないですがこのあたりがポイントです。
また筋トレによくある間違いについても触れておきましょう

重いものを持つと太くなってしまう(やり方と重さによる)
辛ければ正解(無駄な100回より正しい1回)
腹筋を締めるために腹筋をやる(これはマジで不要)
筋トレに関しては逆効果になる場合も多々あるので
そこは気をつけてください。

ボディメイクのために姿勢改善すると自然に痩せる

ボディメイクといえばダイエットというイメージは強いかと思いますが、実は姿勢改善を意識して行えば勝手に痩せていきます。

そこには明確な理由があって

姿勢改善には運動が必須
運動することで身体のあらゆる問題が改善してくる
筋肉をつけるために食事を気にする必要が出てくる
結果姿勢を改善しつつ、ダイエットできる
ダイエットだけを気にしてボディメイクすることはとても勿体無いことです

また、ダイエットに運動が必要な理由がいくつかありまして

代謝を上げて痩せやすい体を作るため
食事の調整するホルモンは運動で整う
ダイエットの天敵であるストレスを運動が改善する
運動を取り入れたダイエットと取り入れないダイエットでは
圧倒的に取り入れたダイエットの方が効率的なことがわかってもらえると思います

どうせ運動するなら姿勢も変えてしまえばいいじゃん
という考え方になります。

ボディメイクの姿勢改善を間違えている人が多い
世の中にはこういったジムが増えています

・ヒップアップ専門ジム
・バストアップ専門ジム
・脚やせ専門ジム

どのジムに行っても結果は出してくれるはずです
ただ多くの場合極端なボディメイクになりがちで
体に大きな負担をかけます。

例えば・・・

・無理に腰を反ることでヒップアップを誘導する
・極端なカロリー制限により脂肪を燃焼させようとする
・無理な姿勢を作って強引に解決しようとする

こう行った行為は怪我や体の不調につながってきます。

もちろん見た目は改善される場合も多いですが、そのリスクは知っておく必要があります。

特に腰回りの怪我は大きな危険が伴うので、注意して行ってください。

また、モデルさんなどが行っているトレーニングの猿真似も危険です
彼女達は

仕事でトレーニングの時間が確保できる
大量の時間を費やして体を作っている
つまり質よりも量で勝負している
こうこういった考察ができるため、やっているトレーニングだけしていれば
あの体型になれる!と考えるのは危険です

彼女達は膨大な時間をかけて様々なことを行なっています

エステ
ダイエット器具の使用
食事の管理
そのため、その中の一部を切り抜くだけでは足りない場合があります
一般の方はそこまで時間が確保できない方も多いと思うので
正しい効率を理解して、ボディメイクしてみてください

前田剛希

前田剛希(まえだ・ごうき) 加圧トレーナー トレーナースクール 2ndpass パーソナルトレーナー モテボディコンサルタント 小中学と高校では自分の体型にコンプレックスを抱えていてうまく人と話せ...

姿勢改善で気をつけるべきポイントのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ