NEW

大胸筋の種目では親指が大切!

【この記事のキーワード】

, , ,

大胸筋の種目では親指が大切!

大胸筋を鍛える種目においてベンチプレスという種目があるがよく握り方について議論されることがあります。今回はベンチプレスのみならず、ほかの種目においても握り方を意識することが大切な理由を解説していきます。

 

ベンチプレスの場合

握り方は大きく分けて3つです。一つ目はサムアラウンドグリップです。バーベルに指を巻き付ける最もポピュラーな握り方です。安全に行いたいのであればこのグリップで行いましょう。

次にサムレスグリップです。親指を外側に逃がして手の土手に乗せるような握り方です。このグリップはバーベルを滑り落とす危険性もありますし大胸筋のトレーニングにおいて大きなメリットがあるわけではないので特に選ぶ必要はないでしょう。

最後に紹介したいのがサムサポートグリップです。もしかしたらあまり聞きなじみのない方がほとんどかもしれませんが親指をまくのではなくバーベルに添わせるやり方です。このグリップのメリットは筋膜連結にあります。大胸筋を覆う筋膜は二頭筋側を介して親指側の筋肉も覆っています。このことから親指側に力を入れると大胸筋に力が入りやすくなる可能性があるのです。

 

サムサポートグリップは親指の柔軟性が必要になる上にサムレスグリップ同様、バーベルが滑るリスクもあるのでビギナーの方にはあまりお勧めしません。やる際は十分に気を付けてください。

 

ダンベルプレスの場合

前述で親指側に力を入れると大胸筋に力が入りやすくなるのはわかったと思います。ダンベルプレスの場合サムサポートグリップで握ることはできません。

しかしながらダンベルを親指側に詰めて握ることによって親指側に力を入れることができます。親指側に詰めれば当然小指側にダンベルが倒れやすくなりますのでこれを倒れないように撓屈しながら行います。副産物として数センチだけモーメントアームも伸びますのでこれもプラスに働くでしょう。

 

ダンベルフライの場合

フライの場合は上記で説明した2つともが動作上難しいです。しかし肘の屈曲角度を90度以下にしている場合は二頭筋が補助筋として働きます。前述した通り大胸筋を覆っている筋膜は二頭筋も覆っていますからフライはそもそも大胸筋に力が入りやすい種目なのかもしれません。しかしながら、プレスに比べて重量は当然落ちますのでこのあたりのメリットデメリットに関してはご自身で判断をしたうえで行っていただければいいのではないでしょうか。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?このように筋膜連結まで考えてトレーニングを行うことで更なる成長を期待できるかもしれません。ぜひやってみてください!

 

パーソナルトレーニング新規お客様募集中!!!


■活動場所

・池袋

・代々木上原(女性専用)

・恵比寿

・三軒茶屋など


ご希望地域のレンタルジムを利用しますのでご相談ください!


■料金

・体験トレーニング【60分】 ¥5,500

・通常パーソナルトレーニング【60分】 ¥7,700

・通常パーソナルトレーニング【90分】 ¥9,900


詳細は以下の【公式LINE】を追加の上ご確認ください!

■公式LINE

https://lin.ee/9bcFCKo


■Instagram

https://www.instagram.com/ko_ta.personaltrainer

工藤弘太

工藤弘太(くどう・こうた) 〇自己紹介 はじめまして!工藤弘太です! 皆様の不調をなくしたいというのをモットーに活動しております! 見た目だけではなく体の機能も向上させるボディメイクを一緒に頑張りま...

大胸筋の種目では親指が大切!のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ