NEW

ベンチプレスを強くするために その③

【この記事のキーワード】

,

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

ベンチプレスは胸のトレーニングの中でも、とても人気が高くメジャーであり一種のパラメーターとなる種目です。

そんなベンチプレスが正しく行われているかどうかを、引き続き確認していきましょう。

ベンチプレスでは、バーを下ろす動作によって上げる動作も決まるため、とても重要な局面でとなります。

肩から大胸筋下部に向けての角度で下ろしていく軌道になります。

ここでのポイントは肘の位置になります。

肘を外に張り出すか、張り出さないかでポジションも異なってきます。

やはり、形式は胸への負荷が高まるポジションに肘を曲げれる様に練習していきましょう。

ボトムポジションでの動きも次への動作に繋がります。

パワーリフターはルールでは、ボトムポジションで静止させます。

でもパワーリフターではなく、筋肥大の様な目的であれば、下で止めておく必要はありません。

大胸筋下部にバーが触れたのなら、爆発的に力強く上げていく様にします。

ただし、胸の上でバウンドさせないのも大切です。

臀部をベンチに付けたままギュッと締めて、足でしっかり床を押すコト。

動作中は常に胸を張り、肩甲骨を寄せて引き締め、ベンチに押し付けた状態を保持しますのは変わりません。

手首は真っ直ぐに保ち、手首が後ろに倒れないようします。

バーは下ろすときと同様の軌道で挙げていきます。

ベンチプレスは、回転軸である肩関節の近くで動かすのが最も効率が良く、怪我のリスクも減り、安心して出来ます。

そしてバーは肩の真上の位置に上げれるようにしましょう。

ベンチプレスを強くして、ステータスを上げるのも目標にすると気分も上がります。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

ベンチプレスを強くするために その③のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ