NEW

疲れにくい身体になるために。具体的に何が必要!?

【この記事のキーワード】

,

どうも!パーソナルコンディショニングトレーナーの


曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)


本日のブログのテーマは

疲れにくい身体になるために。

 具体的に何が必要!?』

です。

 

ちょっと今回のデータとからこれっていう実験からの

結果からの内容ではありません。

 

個人の意見というレベルの信憑性ですが、

私個人としては自信を持って

疲れ難い身体の定義をお伝えしたいと思います。

 

先ずは常識の3つ

基本的なビッグ3です。

・食事

・睡眠

・運動

 

ここが足りていない場合は先ずは

優先的に改善したいところです。

 

はい、ここからが私がめっちゃ伝えたいところです。

 

疲れ難い動作

これが運動〜睡眠の質

ダイエットの効率に非常に影響を及ぼすと思います。

 

疲れ難い動作について解説していきたいと思います。

それは『全身の筋肉を満遍なく隙なく使うこと』です

 

例えば全身の筋肉が使えな人は

アウターマッスルを多用しすぎてしまいます。

骨の位置の調整などもしすぎてかなり疲労につながります。

そして使いすぎたアウターマッスルは

身体を硬くして余計にインナーマッスルが使えなくなります。

 

先ずは身体の柔軟性を獲得して

全身の筋肉を使うリハビリとなるコレクティブエクササイズをして見ませんか?

 


それでは本日も素敵な1日をお過ごしください〜♪


曽根田 健一


IG: @KENSONE817

池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼


学術的なトレーニングをしてみたい方!


下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】


『base BODY CONDITIONING』


https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9


【INSTARGRAM】


https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

睡眠時足つり改善パーソナルトレーナー 曽根田 健一

睡眠時足つり改善トレーナー 曽根田 健一 当てはまる方是非一度ご相談くださいませ。 *睡眠時に足をつる方 *産後の方 *体力に自信のない方 *身体が硬い方 *姿勢を気にしている方 *痩せたい方 *筋...

疲れにくい身体になるために。具体的に何が必要!?のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ