NEW

背中トレーニングの難しさと重要性 その②

【この記事のキーワード】

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

背中のトレーニングを行う場合、どういった対策をすると、より刺激をもたらす事ができるのか…

中には、やたら重量にこだわる人がいます。

チーティングでも、可動域が狭くなっても、重量を求めてしまう。

重量が上がるに越した事はありません。

しかし、トレーニングの目的を見失っては駄目です。

的確に対象の部位へと刺激が得られず、筋肥大のためのチャンスを失っている事になります。

それに、先ず気づがなければなりません。

実際はフォームが崩れ、結局、広背筋などの背中の筋肉に刺激が伝わらない状況を作ってしまいがちです。そうなっては、どれだけ高重量で行っても発達しづらくなります。

発達させるには、しっかり収縮させる必要があり、それが出来なければ、発達のための刺激は得られません。

そしてトレーニングプログラムに取り入れる種目も大事です。

それはデッドリフト、ベントオーバーローイング、チンニングだったり、そしてワンハンドローイングだったりのフリーウェイトです。

ラットプルダウンやシーテッド・ローイングなどの、マシンで行う種目も大切です。

しかし、なんといってもフリーウエイトによる種目は厚みも広がりも、得られます。

それに、マシンでのトレーニングも盛り込んで行うのがいいでしょう。

肝心なのはフリーウエイトによる、動きは難易度が高いため、より強烈な刺激を背中全体に、得られます。

背中トレも、胸トレや脚トレと同様に集中してがっと行いましょう。

面積が広い筋肉なのめ、優先して刺激し、発達を促進することが必要です。


YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

 

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

背中トレーニングの難しさと重要性 その②のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ