NEW

上腕二頭筋をダンベル鍛える方法

【この記事のキーワード】

, ,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回は、上腕二頭筋を鍛えることができるダンベル種目をお伝えしていきます!!
ダンベルで行うことができる種目なので、ジムはもちろん、自宅でのトレーニングとしても行うことができます。

さて、早速ご紹介していきます!!

 

ダンベルカール(長頭)

 

まずは、代表的な種目であるダンベルカールです。この種目はグリップを逆八の字にすることで、上腕二頭筋長頭が効きやすくなります。

 

ダンベルカール(短頭)

 

次は、上腕二頭筋の短頭を鍛える方法です。前腕を回外させることで上腕二頭筋短頭へ刺激が入りやすくなります。つまり、手のひらが天井を向いた状態でのダンベルカールです!!

 

ワンハンドダンベルカール

 

ワンハンドでやる目的は、肩関節が安定しやすい特徴があります。そのため、肩が良いポジションで動作ができるので、効かしやすくなるということです。
もっと言うと、肩甲骨が下制することで前鋸筋が働くからですね!!

 

オルタネイトダンベルカール

 

オルタネイトのダンベルカールは、ワンハンドで片方ずつ行っていきます。ワンハンドと同じく、少し体を収縮側に側屈することでより収縮を感じられます!!

 

シーデッドダンベルカール

 

これは、ベンチ台に座って行う方法で、股関節が曲がっている状態でダンベルカールするので、収縮がしやすくなるという特徴があります。

 

このようにダンベルカールはさまざまな方法があるので、自分に合った方法で腕を鍛えていくと良いかと思います!!

Tomoya

Tomoya 日本体育大学在学中よりトレーナーとして活動しており、トレーナー歴10年になります。 専門分野は、カラダの動きや姿勢改善などにより身体の不調を改善することです。 このようなことでお悩み...

上腕二頭筋をダンベル鍛える方法のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ