NEW

マシントレーニングでも追い込もう

【この記事のキーワード】

,

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

マシンで行う種目を確認していきましょう。

マシンで行うトレーニングも、中々 捨てたモンではありません。

少し前までは、逆にマシンでトレーニングを行う人は、たくさんジムにいました。

いつ頃からか、大会のためのトレーニングとかが増えてきて、マシンだ行う種目を、駄目だと扱っている節も見られます。

もちろん、そんな事はありません。

マシン種目は決して無駄な種目ではなく、プラトーを打破するため、弱点を克服するために、非常に有効となります。

なんせ、マシンでは弱点部位だけを、意識しやすく、集中して鍛えることが出来ます。

特定の部位をアイソレートして、鍛えることは全身の機能向上を、直接もたらすものではないかもしれません。

しかし、考えを少し変えていき、全身の種目で発揮できる筋力が強くなる、又は間接的に全身の機能向上に貢献できる、と言う考え方に変えていけば大丈夫です。

例えば、デッドリフトが伸びなくなった時、どこが弱点であるかを分析せずに、ただ漫然とデッドリフトを行い続けるのではなく、弱点部位を特定し、その部位を集中して鍛える種目を組み込むことで、確実にデッドリフトを伸ばしていくことが出来ます。

バーベルやダンベルを扱う、フリーウェイトはメインにすべきです。

それでいて、マシンでの種目も、弱点が明確な場合はどんどん活用すべきです。

補助種目でもいいから取り入れていけば、筋ト肥大も見込めれるでしょう。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

マシントレーニングでも追い込もうのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ