NEW

トレーニングプログラムの考え方

【この記事のキーワード】

こんにちはトレーナーのTAKAです。


今回はトレーニングのプログラムの考え方について記事にしていきます。


トレーニングのプログラムというのは

どんな種目を選ぶべきで重量などはどうしたらいいかなど簡易的にお伝えしていけたらと思います。


まず前提として

ウェイトトレーニングは自分に合ったプログラムを作ることが大切でその方のトレーニング経験や目標

使えるトレーニング用品によってプログラムの内容はそれぞれ違ってきます。


 

もちろん増量中、減量中など食事量によって身体の回復力も変わるので、合わせて考えていくことが前提になります。


一つ目は種目の考え方にについてですが

コンパウンド種目がオススメです。


これは多関節運動というもので皆さんがイメージしやすいトレーニングとしてアームカールという肘を曲げていくような運動がありますが


そのアームカールはアイソレーション種目といい単関節運動になるのでなるべく複合的に関節を動かす種目スクワットやデットリフト、ベンチプレスなどのBIG3といわれている種目を扱っていくのがオススメです。


次はそれぞれの種目で使う重量・目標とするセット数、レップ数を決めます。


トレーニングの経験レベルはもちろん、増量中か減量中かなどダイエットの目標によっても内容は変わってきます。


まず初心者やブランクがある方はBIG3を5回×5セットを週3日実施するのがオススメです。


ちなみにその5回は5回しか扱えない重量なのがポイントです。

もしこの負荷が重く設定が難しい場合は6-12回の筋肥大を目標としたメニューにスライドしていくのもいい方法です。


1人でトレーニングプログラムを考えるのはすごく難しいことなので、パーソナルトレーナーにメニュー作成をしてもらうことが最善だと私は考えているのでトレーニングプログラムに困ったら近くのトレーナーに一度作成してもらうことをオススメします。

TAKA

TAKA コンディショニングトレーナーのTAKAです。 今を変えるために必要なダイエットや 将来の健康寿命を伸ばすために 今必要なことを全力でサポートさせて頂きます。 専門分野 ■ダイエット■運動・...

トレーニングプログラムの考え方のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ