NEW

ファンクショナルトレーニング その①

【この記事のキーワード】

,

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

・ファンクショナルトレーニング

このファンクショナルトレーニングとは、機能性を意味します。

通常のトレーニングは、筋肉を意識しながらトレーニングを行います。

例:スクワットの場合

スクワットでは、大腿四頭筋やハムストリングス、そして臀部を意識しながら行います。

ファンクショナルトレーニングの場合、筋肉ではなく股関節の伸展・屈曲という機能にフォーカスしていきます。

競技者の場合は、目標が競技力の向上となります。

筋肥大は過程でないといけないので、機能性を見る際には、主に次の3点が重要となります。

1・支持面

2・重心

3・発火順序

1・【支持面】

支持面とは、身体が固定されている面おなります。

実際の場合、日常生活や競技では、ほとんどの足の裏しか、地面に固定されていません。

例えば、レッグプレスでは支持面は臀部・背中・足裏であり、支持面は多く大きいため、安定しやすい状況です。

体の姿勢を維持させる筋肉やバランスをとるための筋肉はあまり使われず、この種目は機能性を高めるには適切ではないとされます。

機能性を高めるには、やはりマシンよりフリーウエイトが良いでしょう。

両足のスクワットよりも、片足で行う、ランジやブルガリアンスクワットの様な、支持面の少ない種目を行う方が効果的と考えられます。

但し、重要なのは機能性を高めることに固執しすぎて、基礎の筋力を高めることを疎かにしては元も子もありません。

最低限の基礎筋力を高めるためにも、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトなどの、BIG3をやり込むことはオススメします。

2・【重心】

重心は運動の種類よりも運動を行う際に重要となります。

身体を重心の真下で、地面から反力を受け取り、末端の頭部をスムーズに移動させること!

とても難しいですが、練習しかありません。

動きによっては骨盤周辺から離れ、意識しづらく、分かりにくくなりますが、最も大切な事は、立っている時も運動している時も地面から、反力を受け取ることを意識していく事です。

3・【筋肉の発火順序】

これは、人間の筋肉は連動して動くようにできていると言う事です。

骨盤周辺から、筋肉を外側に順番に収縮させて、最後に腕や足を伝って、エネルギーを放出させていく過程となります。

例えば、レッグエクステンションやレッグカールなどの、単関節種目は基本的に、日常生活で関節を単独で動かすことは殆どありません。

機能性を高めるトレーニングを行わないと、それぞれの筋肉が同時に収縮してしまい、野球やゴルフで言う、手投げ、手打ちの原因となってしまいます。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

ファンクショナルトレーニング その①のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ