NEW

プロテイン摂取のデメリットとは

【この記事のキーワード】

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回は、プロテイン摂取のデメリットについてお伝えしていきます。
皆さんは毎日プロテインを摂取していますか?実はプロテインを摂取しすぎることで身体への悪影響もあります。
そのため、本記事では日常的にプロテインを摂取しているトレーニーに向けたプロテインとの上手な付き合い方をお伝えできればと思います。

それでは本題へ進めましょう!!

 

プロテインによって腸内の調子が悪くなる?

 

プロテインを摂取することで、腸内細菌が減少することで腸内環境が悪くなると言われています。なので、腸内細菌が悪くなると、必要な栄養素を取り込むことができなくなったり、さらに身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、プロテイン摂取している中で以下のようなことが起きると、プロテインの過剰摂取のかもしれません。

それは、腹痛が多い、お腹がよく張る、オナラが臭くなるということです。

このように身体にとって、よくない悪影響が出た場合は摂取量を見直すとよいでしょう。

そのためには、まず日常的にどのくらいタンパク質を摂取しているのかを確認します。その後、1日のたんぱく質摂取量を調整していきます。

量としては、体重1kgあたり1.5g程度まで様子を見ることが良いかもしれません。

 

このように、筋肉によかれと思っていたプロテイン摂取によって身体に悪影響が出ている方が多くいます。そのため、個人に合った摂取量を見つけて、適切にボディメイクを楽しんでいきましょう!!

Tomoya

Tomoya 日本体育大学在学中よりトレーナーとして活動しており、トレーナー歴10年になります。 専門分野は、カラダの動きや姿勢改善などにより身体の不調を改善することです。 このようなことでお悩み...

Pick Up

プロテイン摂取のデメリットとはのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ