NEW

体を見るときにまずチェックするポイント

【この記事のキーワード】

みなさんはクライアントの体をチェックするときにどういう場所を見ていますか?

今回の記事を読めば、最初のチェックで迷わなくなります。

矢状面のチェックをしろ

人間は矢状面上(前後の方向)で動く動物であります。

例えば、歩く、階段を登るなど

歩くときに横向きに歩く人はいませんよね?

なので矢状面のチェック無しに人の体を理解することはできません。

矢状面のチェックの仕方

見るポイント

1、頭

2、脊柱

3、肩峰

4、肋骨

5、骨盤

6、大転子

7、膝

8、足

になります。

非効率な動き

上記に挙げた見るべきポイントがどの位置にあるか?

正しい位置からどこが、どの程度ずれているのか?

というところからチェックしていきます。

そして、正常な位置からずれているときは、歩く動作が非効率だったり、呼吸がうまくできていなかったりとさまざまな問題が出てきます。

効率的な動作ができていないのに新しい動作を覚えさせようとしても、できなかったりひどい場合には痛みの原因になる可能性が十分考えられます。

まずはこちらが正しくチェックしてあげましょう!

私のインスタとHPと職場です。

気になることがあればDMで全てお答えします!!
体のことでお困りならいつでもご相談に乗ります!


Instagram


HP


いとう鍼灸整骨院

 

筋トレ治療家 岩松究仁浩

筋トレ治療家 岩松究仁浩(いわまつ くにひろ) こんにちは筋トレ治療家の岩松です。 普段は医療従事者として都内で働きながらトレーナーとして活動しています。 僕の専門分野はこんな感じです! *腰痛 *...

体を見るときにまずチェックするポイントのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ