NEW

トレーニング効果を上げる

【この記事のキーワード】

水泳アテネオリンピック日本代表の森隆弘です

それでは、今月の森隆弘奥義です!!!
今月は「1日○ゴール決める事が出来るか?

(一回の練習に何個の目標を達成できるか)」

未来を変える事は出来ても過去は変える事は出来ません。だからこそ1日1日が大切になります。

1日は24時間・1週間は7日と決まっています。練習時間はそれぞれ違うと思いますが、だいたい1時間~2時間ぐらいだと思います。

その決まった中で結果を出す事を考えると人と同じ事をしていても結果は横一線だと思います。

ここで何が必要になるかというと、「1回○ゴール決める事が出来るか?」という事とが大切になります。

これは、どのような事かというと
例えば全体の練習時間が17時から19時だとします。
普通は、①練習前にストレッチor補強②通常練習③練習後ストレッチだと思います。
これは、「1回3ゴール」決めた事になります。

これを僕の場合どのように考えていたかというと
①練習に行く前に何を食べたら練習を頑張れるかを考えて食べる②速い選手の動画を見て良いイメージを作る③周りの選手よりもいち早くプールに行って補強など行う④練習メニューを見て始まる前に分からない事をコーチに質問して集中力を上げる⑤コーチに今日の様子について質問や明日改善するところはないかを聞く⑥練習後ストレッチをする
僕は、「1回6ゴール」決めた事になります。

たったの3個しか変わりはありませんが、1年間で考えると1095ゴールの差が出ます。

この1日1個・2個・3個だけですが、人と違う事をする事で少しずつライバルと差を付ける事が出来ます。

このような事は、考える事で行動は変えられます。
僕は、小学校6年生から本気でオリンピックに行きたかったので「人と同じ事をしていても結果はでない」とコーチに言われてその事を「素直」に実践していました。

僕のスイミングは、練習前後は全て自分自身でやるというスイミングでしたのでチームの人はギリギリに練習に来て終わったら帰るという状況でしたが、僕は、「練習に行く時はジョギングでいく」「自分で本を買ってた体幹トレーニングとストレッチを自分で抜粋をして補強運動をする」ことを練習1時間前からプールに行ってやっていました。

その行動は、正解か不正かはどちらでも構いません。
「考えて行動して、ダメなら改善改良をする」その繰り返しです。

考えなければ、平凡な毎日ですが、今日は、◯ゴール決められるかを考えながら生活をする事で行動も前向きになりますので、参考にして頂けたらと思います。

森隆弘

森隆弘(モリタカヒロ) 身体のキレを良くして水泳をタイムをレベルアップする。 元アテネオリンピック日本代表として現在は水泳指導を行っていますが、筋力トレーニングを行い更にレベルアップを目指して頂けた...

トレーニング効果を上げるのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ