NEW

胸トレおさらい その①

【この記事のキーワード】

みなさん こんにちわ。

パーソナルトレーナーの宋です。

大胸筋を肥大させるやり方は、たくさんあります。

そこで重要なのは、基礎をしっかりと理解することです。

基礎さえ理解しておけば、基礎をベースに整理ができます。

効率よく、胸のトレーニングを行うための基礎を、確認していきましょう。

誰でも、基礎となる部分は共通です。

知識や経験を、積み上げていく土台となります。

【大胸筋】

大胸筋は、扇形の筋肉で、胸骨、肋骨、鎖骨に始点を持ちます。

そして、上腕骨に終点があります。

この形を踏まえて、大胸筋をストレッチさせるには、腕を左右に広げることとなります。

そして収縮させるには、腕を交差させることだと、理解できます。

大胸筋は、瞬発力や最大出力を得意とした、筋群でもあります。

高重量や、最大出力でのトレーニングが、効率的とも言われています。

ですが、重量を扱える事もあり、コントロールも必要となります。

どんな種目で、胸を鍛える場合であっても、動作を丁寧に、コントロールして行うことは基本となります。

対象筋を意識して、刺激を高めることが、どんな場合でも重要です。

可動域を知る事も大切です。

適切な可動域で行うことは、筋発達にも、怪我を防ぐにも重要です。

可動域を大き過ぎて、怪我のリスクが高まったり、小さ過ぎて刺激があんまりこないって場合もあります。

そして可動域は広ければ広いほど、良いという訳でもありません。

肩関節を痛めては、元も子もないないので、自分の可動域を確認していきましょう。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

胸トレおさらい その①のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ