NEW

認知の違いで結果が大きく変わる

【この記事のキーワード】

みなさんは『病は気から』という話は聞いたことがありませんか?

この言葉は『病気は、その人の心の持ち方しだいで軽くもなるし、また重くもなるということ』という意味になります。

これだけを聞くと非科学的な話をしているように思えますが、最近の研究であながちまち間違っていないという報告がされています。

この記事を読めば、物事に対する認知の仕方が180°変わってきます。

人は悪いと思ったら本当に悪くなる

アメリカでストレスの調査を行いました。

A、現在ストレスを抱えていますか?

B、ストレスは悪いと思いますか?

Aの質問に対して『はい』と答えた人の中でBの質問をした時に『はい』と答えた人よりも『いいえ』と答えた人の方が、病気になる確率が格段に低いことがわかりました。

更に言えばAの質問に『いいえ』と答えた人たちと先ほどのBの質問に『いいえ』と答えた人たちは病気になった確率はほぼ変わりませんでした。

結果から何が言えるか?

この調査で分かったことは、ストレスの認識の違いで将来の病気になる確率が変わったということです。

ただ、考え方が違うだけで体に起こる反応は変わってきてしまうのです。

まとめ

この調査ではバタフライ効果とも似ています。

バタフライ効果:小さな違いが遠くの場所で大きな結果の違いを生むこと

みなさんも何事もネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに物事を捉えることで将来の結果が大きく左右されるかもしれませんよ。

*考えるのをやめろと言っている訳ではありません。

私のインスタとHPと職場です。

気になることがあればDMで全てお答えします!!
体のことでお困りならいつでもご相談に乗ります!


Instagram


HP


いとう鍼灸整骨院

 

筋トレ治療家 岩松究仁浩

筋トレ治療家 岩松究仁浩(いわまつ くにひろ) こんにちは筋トレ治療家の岩松です。 普段は医療従事者として都内で働きながらトレーナーとして活動しています。 僕の専門分野はこんな感じです! *腰痛 *...

認知の違いで結果が大きく変わるのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ