NEW

基礎代謝と筋肉の関係

【この記事のキーワード】

,

こんにちはトレーナーのTAKAです。


減量やダイエットする方は基礎代謝というワードをよく耳にするはずです。

基礎代謝とはどんなもので基礎代謝と筋肉の関係に少しこの記事にてふれていきたいと思います。


まず基礎代謝についてです。


まず基礎代謝とは、

仰向けに寝て食事はせず(消化器官の活動は行わず)適温でリラックスした状態

で消費されるエネルギーのことです。

要は1日寝たきりでも勝手に消費されるエネルギーを基礎代謝といいます。


消費エネルギーの中に

基礎代謝+DIT(食事誘発性熱産生)+活動代謝=消費エネルギーとなりますが


この消費エネルギーより摂取カロリーが上回れば体重が増加し、

摂取カロリーが下回れば体重は減少します。


その中にある基礎代謝を上げる為に

筋量をつけて基礎代謝をあげたいと感じる方は多いですが


筋肉をつければ基礎代謝は上がります。
しかし、基礎代謝のうち、筋肉が占める割合は、全体の2割程度です。

他は肝臓2割、脳が2割 心臓腎臓2割

その代2割の内訳になっています。

骨格筋によるエネルギー代謝量は、肝臓などの他の内臓等に比べ、少ないためそれだけで劇的に脂肪が減るというのはむずかしいといえますね。

それでも筋肉は身体を支えたり

体温をつくり出す働きを担っており筋肉を増やして運動を行うことで、

活動時のエネルギー消費量を増やすこともできるとても大事な器官になります。


大きな筋肉を鍛えることが重要であり、基礎代謝量を上げることを考えていくとしたら下半身をアプローチしていくとが効率的にはなりますが


筋トレをしていき筋量の総量を増やしていくことが遠回りのようで最短にもなるので自分のペースでコツコツやっていくことを私は推奨するので適度に運動をして身体が少しでも健康に向かっていくことを目指してやっていきましょう。

TAKA

TAKA コンディショニングトレーナーのTAKAです。 今を変えるために必要なダイエットや 将来の健康寿命を伸ばすために 今必要なことを全力でサポートさせて頂きます。 専門分野 ■ダイエット■運動・...

基礎代謝と筋肉の関係のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ