NEW

肩はなぜ大きくならない!? ~三角筋の鍛え方について~

【この記事のキーワード】

,

こんにちは、Yuです。

 

きっと、筋トレする人にとって「大きくしたい部位」の第1位は大胸筋だと思います。

そしてその次、もしくは大胸筋と同じぐらい大きくしたい部位が、三角筋ではないでしょうか。

 

よく、「メロンみたいな肩」とか言われますね。

今日はこの肩を大きくする方法についてです。

 

まず、前提としていくつか押さえたいことがあります。

 

①まず、肩はとても繊細な部位だということ。

ある研究によると、トレーニング中のケガの、実に36%が肩周辺で起こるといいます。

 

なぜ肩がケガしやすい部位なのか?

これは、人類が進化の過程で「二足歩行」を獲得した結果と説明されることが多いです。

 

前肢として歩行に関わることがなくなった分、腕は色々と複雑な動作を担うようになります。

木にぶら下がったり、何かをつかんだり、投げたり。

 

その分、肩関節は力強さや頑丈さよりも「可動域の広さ」や「動作の繊細さ」を獲得する方向に進化したと考えられます。

 

特に、基本的には身体能力の低い人類にとって、可動域の広い肩関節を利用した「投擲動作」は、とても有力な武器だったと思われます。

石やヤリを投げて、獲物を倒すシーンを想像してください。

 

ちょっと専門的になりますが、肩から腕を構成する骨である肩甲骨、上腕骨、前腕骨のグループは、他の骨と靱帯でくっついていません。

基本的には筋肉で背骨とつながり、骨格としては宙に浮いた状態になっています。

 

そんなワケで、肩は注意しないとすぐケガをしてしまいます。

 

 

②それからもう一つ。

ご存じの方も多いと思いますが、三角筋は3つのパートに分かれています。

前部・中部・後部の3つです。

 

 

腕を、前に上げる動作で前部を、真横に上げる動作で中部を、後ろに開く動作で後部を主に使います。

複雑な3次元の動きに対応するように、筋肉も役割を分担しているのですね。

 

こ2つの特性を踏まえた上で、トレーニングをデザインする必要があります。

具体的にいうと、肩は「前部」のトレーニングと、「中・後部」のトレーニングに分けて考える必要があります。

 

そしてもっというと、「部位として肩を鍛える」ことを考えたとき、より重要なのは「中・後部」の方です。

 

これは、「前部を鍛えなくて良い」ということではありません。

むしろ、普通に鍛えている人であれば、前部が問題になることがほとんどないから、というのが正確な理由です。

 

それでは次回につづきます。

 

Yu

Yu 初めまして、Yuと申します。 ベーシックなバーベルトレーニングを中心に、指導いたします。 世の中には高価なマシンが溢れていますが、クラシックなバーベル種目は現在でも最も優れた手法です。 コンパ...

肩はなぜ大きくならない!? ~三角筋の鍛え方について~のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ