NEW

プレスもランジも

【この記事のキーワード】

みなさん、こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

脚には多くの筋肉があります。

サイズ的にも大きな脚の筋肉。

その脚を高強度で追い込むと、フガフガと疲労困憊するのは当然の事でしょう。

脚のトレーニング面積が広いぶん、追い込むには量や種目も多く必要となりますので、時間もかかります。

脚のトレーニングで、全体を刺激できる有効な種目といえば、言わずもがなスクワットです。

スクワットは脚全体のサイズアップを求められます。

更に細部までしっかりと、追い込むのであれば他の脚の種目も取り入れていかなければなりません。

その一つがレッグプレスです。

スクワット同様に基本種目の一つで、こちらの種目も取り入れている方も多いのではないでしょうか。

このレッグプレスという種目には大きな長所があります。

それはマシンで行う種目であるため、体を安定させることができます。

それにより高重量が扱えます。

今のマシンは安全性も高く、やり方次第でスクワット同様に、脚全体を鍛えていけるぐらいバリエーションも豊富です。

刺激を変えて、筋力アップを与えることが出来るため、初心者や女性にも好まれるマシンです。

やり方は、膝が伸びきってしまう手前で、止めることが重要です

常に大腿部の緊張を維持して、運動を継続していきましょう

そして効かせたい部位によって、足の置き場を変えていき、可動域を調整することも可能です。

膝を深く曲げれば曲げるほど、お尻やハムストリングスの刺激が大きくなる。

逆に大腿四頭筋も、幅を広げて内側へ効かせる応用もできます。

そしてランジ種目も脚トレには最適です。

脚を出す幅によって大腿四頭筋や、ハムストリングスのアイソレーション種目にもなります。

一般的に狭い歩幅だと大腿四頭筋、大きく踏み込めばハムストリングスへの刺激がいきます。

そしてランジは膝を曲げる深さに影響してきます。

ランジの種目もバリエーションが豊富です。

上記で通り、スタンスや深さがあります。

それ以外にもボックスの利用によって強度が増します。

そのまま前方に歩き出すウォーキングランジもあります。

バーベルでもダンベルでも対応できますので、是非 試してみましょう。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

プレスもランジものページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ