NEW

さらに上の刺激を求めて その②

【この記事のキーワード】

みなさん、こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

筋原線維を刺激していく方法はどういうトレーニングでしょうか。

ネガティブ動作をゆっくりと行うことなどで、筋繊維にダメージを与える事ができます。

そのダメージを修復することで、より強く逞しく太い筋繊維が作られていき、成長します。

ピラミッド法の様な、セットごとに重量を上げていくやり方も、筋繊維へのダメージを増加させていきます。

高重量でしっかりと、筋繊維にダメージを与えるために、対象筋と周辺の筋肉を動員させる、ミッドレンジ種目で追い込むとよりいいでしょう。

その他の利点としてテストステロンや成長ホルモンなどの分泌が活発になればそれだけタンパク質の同化が行われ、体脂肪に対してはカタボリックに働きます。

例えばテストステロンは、ピラミッド法でのトレーニングで分泌が活発します。

そして成長ホルモンは筋肉に蓄積した乳酸により分泌されます。

乳酸を蓄積させ、パンプしていけば成長ホルモンの分泌を促すことになります。

筋原線維と筋形質の双方が刺激を受け、発達をすれば、それに必要な膨大なエネルギーは体脂肪によって供給されやすくなります。

代謝を高める意味でも非常に有効です。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

さらに上の刺激を求めて その②のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ