NEW

さらに上の刺激を求めて その①

【この記事のキーワード】

みなさん、こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

使用重量をセットごとに増やしていきながら、回数を減らすトレーニング方法をピラミッド法といいます。

このピラミッド法に、様々なトレーニング方法を織り交ぜていきながら、タ筋肉へ刺激も高めていくのであれば、どうすればよいのでしょうか?

トレーニングの目的が筋量アップだったりとする場合。

ここでのトレーニングはPOF法と呼ばれる3種目からなる、ミッドレンジ、ストレッチ、コントラクト種目を選んでいきます。

胸のトレーニングであるならば、ベンチプレス、インクラインベンチプレスなどが、ミッドレンジ種目に当てはまります。

このミッドレンジの動作をネガティブレップで5〜6回3セット行います。

次に行うのは、ダンベルフライ又は、インクラインダンベルフライといったストレッチ種目です。

こちらは6〜10回を3セット行える重量で。

最後にケーブルクロスオーバーやペクトラルフライといったコントラクト種目です。

15~20回を3セット行いましょう。

筋発達の鍵は、筋形質と筋原線維の両方の刺激に与えると効果的です。

筋形質は筋緊張時間の延長で刺激されますので、1セット50秒程度の時間をかけて、十分に刺激が与えていきましょう。


YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

さらに上の刺激を求めて その①のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ