NEW

ジムでの筋トレでは姿勢は改善しない理由、、姿勢が良くなると疲れにくくなる

整体に通う方で一度は

『姿勢を普段から気をつけてください。』

こんなワードを聞いたことがあるかもしれません。

 

そして世間の姿勢をよくする方法のイメージは

・普段から気をつける

・もっと筋肉をつける

 

この多くだと思います。(ソネダ調べ)

はっきり言ってどちらも効果は期待できないどころか

姿勢制御はますます大変になります。

なぜか、、、

 

ちょっと解説していきます。

理由はシンプルに姿勢をコントロールする筋肉の

特徴を考えると答えはシンプルです。

 

姿勢保持筋の特徴

・無意識で働く

・イメージ(耳からの情報)で働きやすくなる

頭にある良い姿勢イメージしたり重いものを持ち上げる筋トレをガシガシすることは

アウターマッスルが働きやすく無意識で働く姿勢保持筋は働きにくいのです。

 

アウターマッスルを鍛えても関節の固定やコントロールには

あまり作用しません。加えてアウターマッスルは働ける時間が短い為姿勢を

コントロールするには向きません。

 

姿勢保持筋を働かせる方法

・呼吸を練習する(呼吸筋は姿勢を姿勢保持筋でもある)

・柔軟性を程度高める

・コレクティブエクササイズをする(神経に働きかけるエクササイズ)

・仰向けなどの重力が少ないポジションからスタートする

 

睡眠時足つり改善パーソナルトレーナー 曽根田 健一

睡眠時足つり改善トレーナー 曽根田 健一 当てはまる方是非一度ご相談くださいませ。 *睡眠時に足をつる方 *産後の方 *体力に自信のない方 *身体が硬い方 *姿勢を気にしている方 *痩せたい方 *筋...

ジムでの筋トレでは姿勢は改善しない理由、、姿勢が良くなると疲れにくくなるのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ