NEW

筋トレの新しい次元へ!②~VBTトレーニングのすすめ~

【この記事のキーワード】

,

皆さんこんにちは、Yuです。

今日は実際にVBTに用いる、挙上速度をモニターする装置を紹介しましょう。

 

ます基本的な原理を説明すると、どのガジェットも基本的には加速度計が内蔵されていて、それをバーベルや身体に巻き付けて使います。

 

だいたいどれもスマホと連動するようになっていて、速度をリアルタイムでモニターできるようになっています。

 

まず、自分も使っているのはこれ。PUSHといいます。

 

 

バーベルに巻き付いている小さい機械がそうです。

小さいですが、値段は約8万円!

けっこうお高いです…

 

他にも、同じような器材があります。

 

 

だいたい、どれも8~10万円前後でしょうか。

 

日本だと、S&C Corporationという会社が輸入販売を行っているようです。

書籍も出ているようなので、詳しく知りたい方はそちらを参考にしてください。

あえてリンクはつけませんが、「VBTトレーニング」で検索すればすぐ出てきますので。

 

何というか、すごく近未来的な印象があります。

ガジェット好きな方には、かなり「刺さった」かも知れません。

 

とはえいVBT、かなり魅力的ですが導入には結構お金がかかりますね。

そこが悩みどころの1つではあります。

 

ただおそらくは、どの器材も基本的には「加速度計」を用いて速度をモニターしているはずです。

そして加速度計というと、最近ですと実はそこまで高いものではなくて、そもそもあなたがお持ちのスマホには、たいていその類のセンサが内蔵されています。

 

なので、工夫次第ではもっと安価に速度をモニターする方法があるかも知れません。

自分も模索中です。

 

そしたら、フリーソフトでこんなのもありました。

 

https://apps.apple.com/jp/app/id1541855037?ign-mpt=uo%3D4

 

録画した動画から、バーベルの軌道を解析してくれるアプリのようです。軌道だけでなく、挙上スピードも分析してくれます。

 

ただ、これは動画を保存した上で処理をかけないといけないので、速度が判明するのに多少時間がかかります。残念ながら、リアルタイムに速度をモニターすることはできません。

 

こうなると、真面目に筋トレに取り組む方は、ある程度の出費は勉強代だと思った方がいいのかも知れませんね。

 

しかしそれでも、きっとこういう疑問が湧くはずです。

「そんなにお金がかかるなら、それに見合った効果があるんだろうな?」

と。

 

速度をモニターしないより、した方が明かにメリットがあるのでない限り、いくらトレーニングの次元が増えたとしても意味がありません。

ただのファッションでは意味がない。

 

もちろん、意味はあります。

 

それは主に2つあり、「疲労管理」「1RMの向上」について、大きなアドバンテージが得られることが分かっています。

特に、1RM、筋力向上にはVBTは必須といってもいいかもしれません。

 

次回に続きます。

Yu

Yu 初めまして、Yuと申します。 ベーシックなバーベルトレーニングを中心に、指導いたします。 世の中には高価なマシンが溢れていますが、クラシックなバーベル種目は現在でも最も優れた手法です。 コンパ...

Pick Up

筋トレの新しい次元へ!②~VBTトレーニングのすすめ~のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ