NEW

筋トレの新しい次元へ!~VBTトレーニングのすすめ~

【この記事のキーワード】

,

 

皆さんこんにちは、Yuです。

 

今日は前回紹介した、「VBT」についてです。

これはVelocity Based Trainingの頭文字で、直訳すると「速度に基づくトレーニング」という意味になります。

 

前回に少しお話ししましたが、従来の筋トレは「重さ」と「回数」の2つの要素しか変化させることができません。

(この場合、種目を変えるというのは考えないことにします)

 

しかし、ここで「挙上速度」という要素を新たにトレーニングの指標として活用する、というのが今回のテーマです。

これによって、トレーニングの変数が2次元から3次元に増えます!

今までは平面の世界に生きていたのが、立体の世界に「拡張」されると考えてください。

けっこう画期的ですよね?

 

では、「挙上速度」が加わるとトレーニングの何が変わるのか。

 

たとえば、100kgのバーベルを1秒で上げるのに比べて、同じ100kgのバーベルを0.5秒で挙げたとすると、実は「仕事量」が2倍になります。

仕事量というのは物理の用語ですね。筋トレではおおざっぱに「重量×速さ」だと思ってください。

 

つまり、同じ重さを同じ回数挙げたとしても、その内実は異なっている場合があるということです。

当然、筋トレとしての効果も違ってきます。

 

あなたも経験ありませんか?

身体の調子がとてもいいと、前回と同じ重量を持っているのに、より軽く、すばやく挙がったことが。

あれは、単に体感としてそう感じるだけでなく、実際に「仕事量」が増えている可能性があります。

 

前回紹介したHPS法のDay2はパワーの日、つまり爆発的挙上の日でした。

この爆発的挙上にフォーカスした方法論が、今回のVBTです。

 

では、実際のトレーニングではどうすれば良いのか?

別に難しいことはありません。

ただ単に、限界ギリギリのスピードでバーベルを挙げるだけ。

 

ただし注意して欲しいのは、「出来るだけすばやく挙上する」といっても、フォームを乱さないよう気をつけてください。

不適切なフォームはケガの元です。特にVBTは筋肉の収縮が急激になる分だけ、ケガのリスクは通常のやり方よりも高いと思った方がいいです。

アップや疲労管理を入念に行いましょう。

 

それに加えて、正確に速度をモニターするためにも、毎回ストリクトなフォームで行う必要があります。

インチキをしてスピードを上げても、意味がないということです。

 

さて、いま「正確に速度をモニターする」といいました。

ここで大きな問題が生じます。

 

そもそも、挙上の速度をどうやって把握するのか?

 

たしかに、体感でもある程度のスピードは分かります。

速いな、遅いな、ぐらいのことは。

 

でも、前のセットの5レップ目と、今のセットの5レップ目がどれぐらい違うか?

となるともうお手上げですね。

 

そこで紹介したいのが、「バーベルの挙上速度を計測する器具」の存在です。

野球のスピードガンみたいなものですね。

次回、実際にいくつか器材を紹介します。

Yu

Yu 初めまして、Yuと申します。 ベーシックなバーベルトレーニングを中心に、指導いたします。 世の中には高価なマシンが溢れていますが、クラシックなバーベル種目は現在でも最も優れた手法です。 コンパ...

Pick Up

筋トレの新しい次元へ!~VBTトレーニングのすすめ~のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ