NEW

スクワットで使われる筋肉

【この記事のキーワード】

,

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

脚のトレーニングで頭に浮かぶ代表格といえば、スクワットです。

満遍なく脚を発達させていくうえでも、やはりとても優れたトレーニング種目と言えます。

スクワットでメインとして使われる筋肉は、フォームによって変化させていく事ができます。

それはスタンスの違いによって変わっていきます。

スクワットを行うとき、作用される関節は足首・膝・股関節と3つ関節が動いていきます。

それに多くの筋肉も動員されていきます。

主にスクワットで鍛えられる、代表的な筋肉を紹介していきましょう。

・大腿四頭筋

大腿の前の部分になります。

膝を伸ばしていく作用があります。

大腿直筋・内側広筋・中間広筋・外側広筋とで構成されていて、その総称して呼ばれています。

・ハムストリングス

大腿の後の部分になります。

膝を曲げる作用があり、股関節を伸展させる作用があります。

大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋とで構成されていて、その総称して呼ばれています。

・内転筋

腿の内側の部分となります。

大腿を内転させる作用があります。

この様にスクワットでは脚全体を鍛える事が可能です。

この上記の筋肉以外にも、お尻の筋肉・下背部もそうですし、高重量を扱える種目でもある為、その腹圧によって腹部へも刺激を与える事ができます。

そして前述で記載した通り、スタンスをかえるかフォームによって、鍛えたい部位へ刺激を与える事ができます。


YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

Pick Up

スクワットで使われる筋肉のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ