NEW

「使える筋肉と使えない筋肉」ってなんだ?

【この記事のキーワード】

, ,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回は、「使える筋肉と使えない筋肉」とは??というテーマについてお伝えしていきます。

皆さんの筋肉はどちらに当てはまるでしょうか??せっかくトレーニングするなら使える筋肉を付けたいですよね!!

ぜひ、チェックしながら記事を読んでみてくださいね!!あくまでも私が考える内容になります。

 

使える筋肉とは?

 

動かせる範囲の中で最大限に力を出すことができる筋肉のことを言います。

例えば、腕を耳の横までしっかり180度上げることができても、力を発揮できる範囲が90度までと仮定するとどうでしょうか??

残りの90度は力を発揮できない(使えない)ことであると言えます。

つまり腕を90度以上あげるようなバンザイすると怪我をしてしまうことにも繋がります。

私はこの範囲を使えない筋肉であると考えています!!つまり自分でコントロールしながら力を発揮できないということです。

まとめると、筋肉の柔軟性と可動性があるのが使える筋肉となります。

 

まとめ

 

今回は、使える筋肉と使えない筋肉とは?について記事にしました。            あなたの筋肉は使える筋肉だったでしょうか??

使える筋肉は動かせる範囲も広く、自分でその範囲をコントロールしながら力を発揮できることになります。

そのため、使えない筋肉は動かせる範囲は広いが力を最大限発揮できない筋肉になります。ぜひ、トレーニングの中では可動域をしっかり広げた範囲でトレーニングしていくことが使える筋肉になるのではないでしょうか・・

「使える筋肉と使えない筋肉」ってなんだ?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ