NEW

バックプレスで肩を大きく 正しく安全に その④

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

バックプレス(ビハインドネック・ショルダープレス)を行うさいに注意しなければいけない場合、そして行ってはならない場合もあります。

正しいフォームを守れば、とても鍛えがいのあるトレーニングですが、確認も必要です。

・肩を痛めた事がある

一度、肩を痛めてしまうとなかなか治りづらかったり、再発して痛みが増してしまう事もあります。

その場合は動作の自由度が高いダンベルに持ち替えて、フォームを、確認しながら修正していきましょう。

・首が痛い

こちらもより痛めてしまったりするので、やはりダンベルに持ち替えて行ったら、それを片方づつ行う行うのもいいでしょう。

首が動作に関わる度合いを少しでも最小限に抑えていきましょう。

また出来るだけコントロールして動作を行うのも大切です。

反動や勢いをつけずに一つ一つ丁寧にやりましょう。

・柔軟性の問題

バックプレスを行うさい、柔軟性は肩を痛める大きな原因の一つです。

肩の柔軟性の低い人は軽い重量からしっかりとウォーミングアップを行いましょう。

肩関節の柔軟性を上げていくトレーニングも必要となります。

・ウォーミングアップ

先にも説明しましたが、怪我をしやすい状態から始めることを避けていきましょう。

ウォーミングを行なって、筋温を上げて、筋肉の弾性を増していきます。

筋肉を痛めるリスクは極力避けていくことは、肩トレのみならず他の部位でも、とても重要となります。

YouTube


↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

・ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

・Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

バックプレスで肩を大きく 正しく安全に その④のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ